Twitterでアクティブでないユーザーをリムーブするツール「untweeps」の使い方

Twitterでアクティブではないユーザーを選択的にリムーブできるツール「untweeps」の使い方をご紹介します。このツールは、〇日間アクティブでないユーザーを選択してリムーブできることや、無料の範囲内でも抽出したリストを一括でリムーブできる点が特徴です。 一応わかりやすいように、以下にこのツールの特徴をまとめておきます。この特徴を見て、思っていた通りのツールだなと思いましたら使ってみてください。 このツールの特徴
  • あなたがフォローしているユーザーのうち、Twitterで〇日間アクティブでないユーザーを選択的にリムーブできる(無料では15日以上なら選択可能)
  • 無料でも抽出されたリストを一括でリムーブ可能
  • ただし無料なので多少は動作が重いです。
ツールの欠点 このツールの欠点は、実際に利用しているユーザーが〇日間ログインをしていなかっただけでリムーブしてしまう点です。botなどのように中の人は実際に日々使っていなくても、自動でツイートしてくれる機能を用いているアカウントは残り続けます。 それでは、実際にuntweepsの使い方を解説していきます。

一括リムーブが可能なuntweepsの使い方

まずはこちらから公式サイトへアクセスしてください。 ⇒ http://untweeps.com/ そうすると、次のような画面になります。そこで、Sign in with Twitterをクリックしてください。 一括リムーブ 続いて、あなたが利用するアカウントにログインをして、連携アプリを認証してください。 Twitter 続いて、あなたがフォローしているユーザーで、〇日間更新していないユーザーを選択するために、赤枠に数値を打ち込みList Stale Accountsをクリックしていきましょう。無料版ですと、スパム防止機能のためだとは思いますが、15日以上でないと選択できません。 Twitter一括リムーブ そして、アンフォローしようと思っているアカウントの横のチェックボックスにチェックを入れていきます。ただし、たくさんのアカウントをアンフォローする場合、チェックを入れるのに手間がかかります。そこで、Googleクローム拡張機能のCheckAllを利用します。 Twitter一括リムーブ Googleクローム拡張機能のCheckAllでしたら、次のようにCheckAllクリックするだけで・・・ Twitter一括リムーブ すべてのアカウント横のチェックボックスにチェックを入れることができます。非常に便利なGoogleクローム拡張機能です。 Twitter一括リムーブ そして、一番下までスクロールすると、Unfollowのボタンがありますので、そちらをクリックしてください。 Twitter一括リムーブ 以下のように〇〇 Unfollow requests sent successfullyと出れば、処理が実行されています。 Twitter一括リムーブ 以上で非アクティブなユーザーを一括でリムーブする方法を解説しました。
Twitterでは、リムーブされることで悲しむ方もいます。一般的な常識の範囲内でツールを利用していきましょう。また、あまりにも不自然なリムーブをすることで凍結されるリスクが高まります。その点はご注意ください。 参考 Twitter凍結基準まとめ こちらの記事にTwitterの凍結基準をまとめております。Twitterをどのように利用すれば凍結のリスクが高まるのかを独自で研究をしてまとめていきましたので、参考にしてみてください。あなたの実際の凍結情報などもいただけるとありがたいです。
当サイトのおすすめTwitter記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。