Twitter新規アカウントの凍結条件を緩和させるには?



Twitterの新規アカウントは凍結されやすいため、

最初の段階でつまづいてしまって、

Twitter集客の入り口にすら立てないという相談をよく受けます。

ここで、もう一度おさらいしておきたいのですが、

新規アカウントが凍結されやすいのは、

そのアカウントの影響力がまだ低いために、

他人から数回ブロックされただけで凍結されるからです。

だからこそ、Twitterの凍結条件を緩和させるための対策をしないと、

Twitterフォローツールを利用して

フォロワーを増やすのはかなり厳しいです。

では、どうやって新規アカウントの凍結条件を緩和させるのかについて

今回は述べていきます。

凍結条件についてはこちらにまとめています。

今回はこの条件を緩和させる方法の記事です。

新規アカウントの凍結条件を緩和させるために

Twitterの凍結条件を緩和させるには、

Twitterアカウントの影響力を高めていく必要があります。

Twitterの影響力に関しては、

こちらの記事で調査方法を述べているのですが、

このQrustというサイトでは次の部分に注目して

影響力を判断していることに注目して貰いたいです。

『存在度、おしゃべり度、社交性、ニュース性、情報力、利用度、人気度、孤立度、対話性』

この事から、どれだけTwitter上で発言(ツイート)をしているのか、

そして、そのツイートがどれだけ影響力を持っているのかが

重要であることがわかるでしょう。

影響力のあるツイートをすることで、

影響力の有るアカウントとして認められるのです。

ですから、一度も発言(ツイート)することなしに

Twitterフォローツールを使っていると、

ブロックされたらすぐにアウトということになることは容易に想像できるでしょう。

それを避けるために、少なくとも1度は発言しておくべきです。

勿論、ただ発言をしているだけではダメで、

その発言がTwitter上で影響力を持たないといけません。

では、具体的にどのようにしてツイートに影響力を持たせて、

そのアカウントは影響力のあるアカウントであると

Twitterに判断してもらうことができるでしょうか?

影響力のあるアカウントであると判断されるには?

影響力のあるアカウントであると判断されるには、

影響力のあるツイートをする事が重要であると先ほど言いました。

他にもフォロワー数等がありますが、

今回は新規アカウントに関して考えているので、

フォロワーはほとんどいないという条件で考えていきます。

自身のアカウントに影響力を持たせる方法としては、

ズバリ!RT(リツイート)されることです。

しかし、RTはただ多くされていれば良いというものではありません。

何故なら、単純にRT数が多ければ良いというなら、

自分で新規アカウントを10個作るなどの量産をして、

その中でRTしまくればいいだけだからです。

これを実際にやってみればわかりますが、

どんなに影響力の低いアカウントで大量にRTされようと、

たいして凍結条件は緩和されないのです。

凍結条件が緩和されるために必要なのは、

あくまでも既に影響力の大きなアカウントからRTされることです。

これが一度でもあれば、凍結条件は相当緩和されます。

既に大きな影響力を持っているアカウントからRTされるということは、

それだけそのツイートは影響力のあるものと判断させることが可能になるのです。

ですから、新規アカウントを作ったら、

既に影響力の高いアカウントからRTされることを狙えばいいのです。

しかし…実際にやってみても、そのような事はなかなかできません。

自分で影響力の大きなアカウントを持っていれば、

自分でRTすることはできますが、

Twitterを使い始めたばかりの人は

そのようなアカウントは持っていませんから、

相当厳しいことです。

それなら、Twitter凍結条件を緩和させる方法に再現性はないじゃん…

と思うかもしれないですが、1つ良い方法があります。

それは、影響力の大きなアカウントと絡んでいくことです。

影響力の大きなアカウントは、

RTしてくれることはほぼないと思っていいですが、

何か質問されたら答えてくれる事はあるでしょう。

それによって、あなたのアカウントの「@000000」の部分が、

影響力の有るアカウントのツイート上に表示させることが可能になります。

これができれば、新規アカウントだとしても、

凍結条件を緩和させることが可能となります。

実際に私が過去にやった実験では、

影響力のあるアカウントと絡んだ事がある新規アカウントは、

そうでない新規アカウントよりも、

Twitterフォローツールを使ってフォロワーを増やしていく上で

遥かに凍結されにくくなっていました。

また、影響力のあるアカウントからRTされたアカウントと、

返事だけもらったアカウントの凍結条件は、

同一条件での実験でないため必ずしもそうとは言い切れないですが、

同等の凍結条件緩和が見られたのです。

以上のことから、凍結条件を緩和させるためには、

影響力の大きなアカウントと絡んで返事をもらうことで、

自身のアカウントの影響力を高めていくことが、

最も再現性の高い良い方法であると言えるでしょう。

 

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ