2014年7・8月のGoogle手動ペナルティ多発問題と今後の対策



実質のないコンテンツ

どうもスイクンです。

今回は、ここ最近のGoogleの順位大変動や手動ペナルティの多発について、今後どうやっていけば良いかを交えてお話をしていきます。

僕自身、7月から始まっているGoogleのアルゴリズムの変更影響により、手動ペナルティを受けたサイトがいくつかあります。しっかりとしたコンテンツを作っているにもかかわらず、他にはない独自コンテンツにも関わらず手動ペナルティを受けています。

この点に関して、ここ最近サイトアフィリエイトを実践している友人とお話をしながら色々と今後の対策について考えていました。

ちなみに、友人とは言え、その方はサイトアフィリエイトで月数百万とか月数千万レベルの人達です。表には一切顔を出さず、裏でサイトアフィリエイトを実践し莫大な収益をあげている方々です。そういった方ともつい最近にはなりますが、仲良くさせていただく機会ができたので頻繁に連絡を取り合っている所です。

本題にはなリますが、今回の大変動よって引き起こされた手動ペナルティや低品質コンテンツと判断される原因は一体何なのでしょうか?そして、今後はどのようにしていくべきなのでしょうか?

それに関して、僕も思考を整理する意味でお話をしていきます。

ちなみにですが、今回僕がお話をしている、手動ペナルティはこちらの連絡が届くペナルティの事です。

一部のページで、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反する手法が使用されていると見られる箇所が確認されました。

貴サイトに価値のない質の低いコンテンツが含まれているため、ドメイン名/ に対して手動によるスパム対策を適用いたしました。他にもサイトの一部または全体に対策が適用された可能性があります。

実質のないコンテンツ

手動ペナルティの原因

今回ペナルティを受けているサイトをくまなく調べてみると(自分だけでなく、友人やコンサル生などのサイトもすべて含めて)共通点というものが以下の2点以外まともに見当たりませんでした。

  • アフィリエイトリンクを貼っている
  • 上位表示している

以下のようなサイトがアウトになっていたっていうことです。

  • トレンドサイトはアウト
  • 被リンクを送ってないまともにホワイトハットSEOで稼いでいるサイトもアウト
  • 被リンクを送っているブラックハットSEOで稼いでいるサイトもアウト
  • ビックキーワードで上位表示をしていて、素晴らしいサイトもアウト
  • ニッチキーワードでも上位表示をしていてアウト

正に、満遍なくペナルティを受けている印象を受けます。

しかし、一方で、もちろんですが、以下の様な条件でも、ペナルティを受けていないサイトもあります。

  • トレンドサイトだけれどもペナルティを受けていない
  • 被リンクをガツガツ送ってブラックハットSEOで稼いでいるのにペナルティを受けていない

他にも、アフィリエイトリンクをガツガツ貼って、他人のコンテンツをつなぎまとめているだけのまとめサイト系やキュレーション系サイトはいくらでも上位表示していますね。

こうなってくると、共通点と呼べるものがかなり少なくなってきます。

先ほどお話をした

  • アフィリエイトリンクを貼っている
  • 上位表示している

という条件に関しても、どちらを満たしてもペナルティを受けてないサイトなんて山ほどありますから。

手動ペナルティを回避するために1つ考えられること

1つだけ、根拠はあまりないのですが、僕がこれだけはペナルティになりにくいなと思われるものがあります。それは、既にある程度【リンク耐性ができているドメイン】です。

僕自身、とあるサイトにめちゃくちゃ被リンクを送り、そして、とあるキーワードでトップ表示を果たしいまだにずっと稼ぎつづてくれているサイトがあります。

このサイト、正直な所、無理やりリンクを送りました。しかし、ペナルティは未だに受けていません。

約2ヶ月前には、そのリンクの大半は外してしまったのですが、それでも未だにトップ表示、場合によっては2位、3位には落ちてもほぼ1位表示されています。

※リンクの外し方に関しても結構ポイントがあります。
※普通に外しただけでは失敗するかもしれません。

そして、そのサイトで何か新しい記事を書いても、かなり上位表示しやすいのです。

そのジャンル関係だけではなくて、ありとあらゆるキーワードで上位表示しやすいドメインにまで成長してしまいました。

この事から考えられることは(とは、言っても実験検証したサイトは3つくらいしかないのですが)リンクを無理やり送り、それに耐えてくれたドメインはかなり長持ちするのではないかということです(もちろん、リンクはずっとは付けたままにはしないです。とある法則性の元、リンクは外します。)

他にも、こういったリンク耐性の付いたドメインは、合計で4つ所有していますが本当にペナルティにも強いし、そう簡単にはやられません。

ですから、今後、長期的に稼ぐサイトを作るには、こういったリンク耐性のあるドメインを如何にして育てるかが重要になってくると思っています。

もちろん、これは仮説でしかありませんしまたGoogleの変動によっては色々と変更されてくるでしょう。ただ、現状ではこれが通用するっていうお話です。

ノウハウは連続的に理解している人が有利

以前の僕のメルマガでもお話をしましたが、ノウハウは連続的に理解をしている人が有利になります。

ほとんどの人は、稼げるノウハウしか知ろうとしません。つまり、これまで長く続いてきたアフィリエイトの歴史の中でも最先端の所だけを知りたがるのです。

そうすると、どうなるか?

その先端部分しか知らないので、そのノウハウが変更されてしまったら対応できなくなります。そして、また新しいノウハウを追い求め続けることになるのです。

しかし、人からノウハウを教えてもらった時点では、そのノウハウは最先端とはいえません。本当の最先端のノウハウを知りたければ、自分で編み出していくことが一番なのです。

つまり、過去のノウハウを知り実践し、今稼げているノウハウも知り実践し、数々の実験、検証をしている人こそが、未来の新しいノウハウを編み出したり急激な変更にも対応していつまでも稼ぎ続けることができるのです。

この業界では、稼げなくなったノウハウを知りたがる人はほとんどいません。しかし、その過去のノウハウにこそ大きな気付きや知恵が眠っていることは多々あるのです。

人よりも一歩抜きん出たければ、絶対に過去は知るべきです。

過去を知り、現在を知ることで、ようやく未来を予想することができるようになります。

最近の僕は、Twitterアフィリエイトもやっているし、サイトアフィリエイト、PPCアフィリエイト、更には別ジャンルのメルマガやコンサルティングもやっています。セールスレターも書くし、SEOもホワイトハットSEOからブラックハットSEOまですべて網羅しています。

外注を教育し、クルーズブログもやらせているし、美容系のサイトもファッション系のサイトも作りありとあらゆる知識を身に付けています。

いずれは、ソーシャルメディア集客もサイト集客もSEOもPPCもメルマガも今よりもっと上のレベルになってからようやく法人コンサルなどにも挑戦していきたいなと考えています

そういった人材こそが、本当に企業が求めていると思うので、真の実力をアフィリエイトで養っていきたいのです。

こういった過程をすっとばし、いきなり法人コンサルなんかやるとうまく結果を残せなくなります。

ですから、来年僕は一切コンサルティングは休業して完全にプレーヤーとしての実力を養成したいと思っています。そして、もっと実力を高めてから、コンサルとかに復活しようと思っています。

アフィリエイトは実力を養うのに最高のビジネスだと思います。

しかし、その過程をすっ飛ばしてしまうと、実績だけでかくて実力は大したことない人になりますが・・・。

ペナルティの原因は不明でも稼ぐために

お話はかなりずれてしまいましたが、ここから元に戻していきます。

ペナルティの原因に関しては、稼いでいるサイトアフィリエイターでもわからないと言っています。

正直なところ、そこの原因を解明することに時間をそそぐのは良くないと思っています。

例えば、僕が大学受験の時には教えてくれる人がいなかったので宅浪で独学で勉強していたのですがわからない問題はもちろんたくさんありました。

しかし、どうやってそういったものを乗り越えていったのかというと、わからないことはいくら考えてもわからないのでいずれはわかるだろうと思い、次に進むことです。

つまり、わからないことは飛ばして、【1か月後、2ヶ月後の自分ならわかっているだろう】と期待し先へ先へと進めていったのです。

未来の自分の理解に期待してたわけです。

今、わからないことをいろいろ考えても時間の無駄です。

とりあえず、自分のこれまでの経験から仮説を立ててみて、それに従ってとにかく突き進む事がBestなのです。

今回の大変動は、僕は2年前からアフィリエイトを始めたので詳しくは知らないのですが、2年半ぶりくらいの大変動だとかまでサイトアフィエイターの方は言っています。

こういった大変動が起こった時に、それでもずっと稼ぎ続けていける人はそれまでの経験や過去の人の経験をうまく理解して(過去のノウハウを学ぶことも重要)そして、今後はこうしていけばよいのではないかという仮説を立ててとにかく突き進める人です。

そういったことが出来る人が、誰よりも早く大きな成果を生みだすことができます。

でも、これまでの経験があまりない場合、これからどうやっていけばよいかわからないっていう方もいるかもしれないので、一応僕なりの考えをご紹介します。

今後どうしていくべきか

「ペナルティの原因ははっきりしないし、もうアフィリエイトは終わりか?」なんていうことも言っている人も多いのですが、こういった時こそ僕はチャンスだと思っています。

僕が今後力を入れていこうとしているのは、

  • ソーシャルメディアからの集客(SEOに依存しない入り口の確保)
  • リンク耐性の付いたドメインをたくさん育てること

の2点です。

これをとにかくやっていこうと思っています。

やっていこうというか、もう既に始めているのですが笑

ソーシャルメディアからの集客

ソーシャルメディアからの集客で、今後もまだ使えるなって思うのは、個人的には【Twitter】です。

匿名性も高く、拡散もしやすいTwitterが一番のソーシャルメディア集客候補となるでしょう。

Facebookは正直な所、「うーん・・・」という感じです。Facebook広告は正しくやれば良いのですが、広告となるとお金がかかるのでなかなか参入障壁は高いですよね。

また、LINEに関してはたくさんのユーザーはいるのですが、どうしても閉鎖的なコミュニティになっています。LINEアフィリエイトで稼ぐ手法も知ることはできたのですが、正直な所、それをやるくらいならサイトを作っていたほうが良いという結論です。

というわけで、僕としてのおすすめのソーシャルメディアはTwitterです。Twitterであれば、そのアカウントが永久凍結されない限りアプローチ可能になります。

ただし、属性としては、結構緩いつながりになってしまうので、悩み系だったり稼ぐ系のサイトとは相性が悪いですが、ファッション系だったり軽い分野ではかなりの力を秘めています。

稼ぐ系とか悩み系はSEO集客で、軽いジャンルでしたら、ソーシャルメディアは最高でしょう。

 

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ