Twitterアカウントを量産する方法と管理方法

Twitterアカウント Twitterは無料で商用利用が可能であり、しかも複数のアカウントを作成することができます。それゆえ、個人のビジネスにも活用されることがあり、アフィリエイトにももちろん活用できます。 今回の記事では、Twitterアカウントの量産や管理方法、更にはより凍結リスクを抑えて量産していく方法まで解説していきます。

Twitterアカウントを作成する目的を明確にする

まず、量産する前に考えていただきたいのは、Twitterアカウントを1つ1つしっかりと作りましょうということです。どんなにアカウントを量産しても、個々のアカウントに存在価値がなければ、集客にも知名度アップにも役に立ちません。 ですから、Twitterアカウントを作成する目的を明確にして、その目的を達成するためにはどういったTwitterアカウントを作成する必要があるかを考えてから作りましょう。 そして、必要であれば、以下の方法でどんどん量産していってください。

Twitterアカウントの作成方法

Twitterアカウントを作成する際に意識してもらいたいのは、ブランディングとSEOです。 ブランディングの際に大切なのは、そのアカウントが客観的にどのように見られるかという点についてです。 特に企業などが公式のTwitterアカウントを作る場合には、そのアカウントの名称やトップ画像、プロフィール画像、普段のツイートに細心の注意を払っていく必要があります。 また、企業の場合には、偽のアカウントが作られてしまうことが多々あります。ですから、「【公式】企業名」などとして対策をとっていることが多いです。 この辺りがブランディングとして気をつけてもらいたいポイントです。 そして、もう一つのSEOに関してですが、Twitterアカウント自身を上位表示させて集客をしようというものです。 もしかしたら、あなたも検索エンジンで何かを検索して、Twitterアカウントに辿り着いたことがあるかと思います。Twitterはグーグルに強いので、しっかりとSEOを意識して作ることで、ある程度のキーワードであれば、上位表示させることも可能です。 こういったTwitterのSEOはこちらの記事を参考にしてみてください。 ⇒ SEOを意識したTwitterアカウントの作成方法 また、Twitterアカウントを作成する上で、メールアドレスをその都度取得することは手間になります。それを避けるための方法をこちらの記事でご紹介しています。 ⇒ 1つのグーグルアカウントでGmailを量産する方法

Twitterアカウント量産と凍結問題

Twitter凍結 スパム行為をしなければTwitterアカウントは凍結されることはまずないのですが、Twitterアカウントを大量生産したり、Twitterでアフィリエイトをしようするとどうしても凍結される可能性が高くなってしまいます。 そこで、Twitterの凍結リスクを最小限に抑える方法をご紹介します。 まずはじめに、前提知識として知っておいてもらいたことがありますので、凍結基準に関してひととおり目を通しておいてください。 ⇒ Twitterアカウントの凍結基準 Twitterアカウント凍結基準の記事の中でも大切なポイントは、「どれだけブロックされないようなアカウントを作成し運営していくか」と、「IP分散をして凍結リスクを抑えて量産していく」という2点です。 以下に、これらの2点をより詳しく解説していきます。

どれだけブロックされないようなアカウントを作成し運営していくか

ブロックするという行為は、相手からすればうっとおしいなと感じたり、不快に感じた場合に生じます。ですから、相手に不快な思いをさせないようなアカウント運営をしていかないといけません。 では、Twitterを利用していて、人が不快に思うのはどのような時でしょうか?
  • 見たくもないツイートがガンガン発せられている
  • 面白くないツイートがガンガン発せられている
  • 自分に対して暴言を放つ
  • 自分が求めていないツイートばかり
  • RTするばかり
  • 個別にDMで勧誘をしてくる
  • 明らかにTwitterbotでの発言
  • 自分と価値観が合わない
こういったことが該当します。 ただし、もちろんですが、こういったことを意識しすぎて、面白みもない平凡なアカウントになってしまってもフォロワーは増えていきません。その結果として、本来の目的であった集客や知名度アップがなされないことになります。 ですから、どれくらいの範囲であればフォロワーが増えやすくて、どれくらいの範囲であればブロックされるかを把握できるようになるため、ある程度経験を積んでいく必要があります。 たくさんのアカウントを作っていく上で、徐々にTwitterをやっている方が、どのような情報を求めているのかがわかってきます。その領域までアカウントを作って実験していくことが大切です。

IP分散をして凍結リスクを抑えて量産していく

Twitterアカウントを量産していく際に気を付けたいポイントの2点目は、IP分散をしようということです。 同一IPでのアカウントを量産していると、そのIPで作られたアカウントが一斉凍結されることがあります。ですから、せっかく作ったアカウントを少しでも長く持たせていくためにIP分散をしてTwitterアカウントを作成していきましょう。 以上のような点に気をつけて、まずはTwitterアカウントを作成していきましょう。 ⇒ SEOを意識したTwitterアカウントの作成方法
続いて、作成したTwitterアカウントを管理していきます。 しっかりと管理しておかないと、そのアカウントの運用効果が把握できず、今後に活かすことができません。 作ったからには、その効果を検証できるように以下の点に気をつけて管理していきましょう。

Twitterアカウントの管理方法

Twitterアカウントを管理していく上で大切なことは、より手間がかからないこと効果測定ができることの2点でしょう。 より手間がかからないようにするためには、TwitterbotやTwitterアカウント管理ツールや、Twitterフォローツールなどを利用していきます。

Twitterbotの活用

Twitterbotを活用すると何が良いか言えば、ツイートを自動化できる点と決められた時間にツイートがされるという点です。 こちらの方法で簡単にTwitterbotを作成することができますので、参考にしてください。 ⇒ Twitterbotの作成方法 また、こうして作成したTwitterbotアカウントの効果をしっかりと測定できるように、Excelなどに以下の点を日々記入してくと良いです。

日々の管理方法

Excelへの記入項目
  • アカウントID
  • アカウント名
  • フォワー数
    • その日の○時時点での総フォロー数
    • その日のフォロー数
  • フォロワー数
    • その日の○時時点での総フォロー数
    • その日のフォロワーの増減
  • ツイート回数
    • botであれば、○時間おきなど
  • 最大RT数
Twitterを量産してアフィリエイトをしていくのであれば、最低限これらのことを日々チェックをしていきましょう。 そして、効果的なアカウントはなぜ効果的なのか?さらには、ダメなアカウントはなぜダメなのかを日々考えて、世の中のトレンドを把握していくとより拡散されるアカウントを作成でき、集客や知名度アップができるようになります。
以上のことをみていくと、Twitterでビジネスをするというのは、かなり地道な作業が必要になることがわかります。 しかし、これらの地道な作業なしに、次へとつながるビジネスを展開していくことはできません。 Twitterを利用して集客をしようと思ったり、アフィリエイトをやろうと思ったのであれば、しっかりと管理をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。