Googleペナルティの種類(インデックス削除・順位下落)とその対策



どうもスイクンです。

私のサイトを見に来てくれる方の中には、

ニュース速報サイトを運営している方が非常に多いと思いますが、

ニュース速報サイトを運営していく中でインデックス削除されたり、

インデックスはされるものの順位が下落したりなど

Googleに悩まされている人は多いようです。

そこで今回は、Googleから課せられるペナルティの種類と

その対策に関してお話をしていきます。

ペナルティの種類

Googleから課せられるペナルティには大きく

手動ペナルティと自動ペナルティの2つに分類可能です。

  • 手動ペナルティ
  • 自動ペナルティ(アルゴリズムペナルティ)

更に、ペナルティの厳しさによって次の3つにもわけられます。

  • インデックス削除
  • -30ペナルティ
  • -950ペナルティ

では、これらに関して詳細を説明していきます。

手動ペナルティ

手動ペナルティは、かなり悪質な場合に発動し、

大抵インデックス削除されるという非常に厳しいペナルティが課されます。

手動ペナルティは一定期間課されるもので、

修正しなくとも一定期間を過ぎれば解除されます。

但し、その場合に再度見つかった際には、

永久に元に戻らなくなると思ってもいいでしょう。

解除方法としては修正して一定期間待つという事の他に、

該当する箇所を修正して再審査リクエストを送る方法もあります。

該当箇所の修正が確認できれば回復されます。

但し、再審査リクエストで回復されるには、

自らの考えにより犯した悪質行為ではないことを証明する必要があります。

※例として、SEO業者に頼だらスパムリンクが遅れられていた場合等

もし、自身の判断でスパム行為、悪質な行為をやっていた場合は、

そのドメインに関してはもう捨てるしかないでしょう。

これに関しては、Googleのマット・カッツも

インデックス削除された場合はドメイン自体を捨てたほうが良いと話しています。

自動ペナルティまとめ

以上をまとめると、次のようになります。

  • 手動ペナルティは大抵の場合インデックス削除というかなり厳しいペナルティ
  • 悪質度によって、ある一定期間のペナルティが課される
  • 一定期間過ぎなくとも、修正して再審査リクエストを送れば回復する
  • 再審査リクエストが有効なのは、自身の判断での悪質な行為ではない事が証明出来る場合
参考

手動ペナルティ事例

大人気サイトが手動ペナルティに!再審査リクエスト申請中

自動(アルゴリズム)ペナルティ

アルゴリズムペナルティは、自動的に検出されて課されるペナルティで、

先ほど話した「インデックス削除」の他に

「-950ペナルティ」と「-30ペナルティ」にわけられます。

※正確にはそのようなペナルティの存在が観察されている。

「-950ペナルティ」と「-30ペナルティ」について
  • -950ペナルティとは、特定の記事・キーワードに対してのみ順位が1000位程落とされます。つまり、圏外に飛ばされるのです。
  • -30ペナルティとは、ドメイン内のすべての記事に対して順位が30位程落とされます。
対策

これらのペナルティを受けた際の対応としては、

ペナルティの原因をを改善して一定期間待つしかないです。

手動ペナルティとは異なり、

再審査リクエストを送っても意味がありませんので。

※コスト削減のためでしょう。

自動ペナルティまとめ

以上をまとめると、次のようになります。

  • アルゴリズムペナルティは手動ペナルティよりは穏やかなもの
  • -950ペナルティ、-30ペナルティの存在が観察されている(場合によってはインデックス削除もある?)
  • 修正されていれば、一定期間後、自動で回復する
  • 再審査リクエストを送っても意味が無い

手動ペナルティと自動ペナルティの違い

手動ペナルティと自動ペナルティの違いとしては以下の通りです。

  • 手動ペナルティは再審査リクエストが有効だが、自動ペナルティは無意味
  • 手動ペナルティは改善してなくとも一定期間後に回復するが、自動ペナルティは改善しないと回復されない

再審査リクエストを送った際のGoogleスパムチームの対応ですが、

まずは手動ペナルティか自動ペナルティかに分類するようです。

そして、自動ペナルティは、コスト削減のため自動で戻るのを待つため

ほったらかしておき、手動ペナルティのみ

目視で修正されているか確認するとのこと。

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ