選定したキーワードのライバル数とSEO対策レベルの関係性

どうもスイクンです。 狙ったキーワードにおけるサイトを作成して検索エンジン上位表示を果たすためには、ライバルの強さによって次の3つの段階に分けられると考えられます。 これは、あくまでも僕が感覚的に思っている事なので、正解かどうかはわからないことは予め述べておきます。検索エンジンに関しては、Googleが支配しているので、Google以外真実は知り得ないことになりますから。 というわけで、僕がこれまでさまざまなサイトを作ってきた中で感じたライバルレベルによって必要なSEO対策を書きます。

SEO対策レベル

SEO対策レベルとしては、以下の3つに分類出来ると感じています。

SEO難易度1

SEO難易度1は、ライバルが少なくて、仮にライバルがいたとしても非常に弱い場合です。これは、最新情報であるためライバルが少ないか、稼げないキーワード(高額報酬案件に誘導し難い)だと認識されているため、強豪が集まってこないキーワードです。 もちろん、こういった部分にも稼ぎやすいキーワードは存在している可能性があり、そこを見つける事も大切です。
状況
  • ライバルが少ない
  • ライバルがいても弱い
最新情報であるため、そのキーワードで記事を書いている人が少ないか、稼げないキーワードだと認識されているため強豪は来ないため、ライバルが少なく、いたとしても弱いです。
必要なSEO
H1タグ、タイトルタグに狙ったキーワードを含めるだけで上位表示可能
ノウハウ
こういった部分を狙っていくノウハウがトレンドアフィリエイトです。新しい情報を扱っていきますので、ライバルが少ない傾向にあります。

SEO難易度2

SEO難易度2はライバルがまずまず強い状況です。このような場合は、狙ったキーワードをH1タグやタイトルタグに含めることは前提条件となっており、その上で記事の質をGoogleに厳しく見られている印象を持ちます。 ただし、被リンクの強さが非常に強ければその限りではありません。実際に上位表示しているサイトの中にも、コンテンツはそこまで大したことなくても上位表示されているサイトもあるからです。
状況
  • ライバルがまずまずいる
  • ライバルがまずまず強い
必要となるSEO
H1タグ・タイトルタグに狙ったキーワードを含めることは前提 記事の内容(質)も評価対象に厳しく含められる ※ここで言う記事の質とは、狙っているキーワードの関連キーワードの出現度合いや文字量などが含まれます。
ノウハウ
この部分もトレンドアフィリエイトでは、扱っていきます。既に記事が書かれているキーワードでも新しい情報が追加された際に、古い記事よりも新しい記事の方が上位表示しやすくなるからです。

SEO難易度3

SEO難易度3は、「キャッシュカード」だったり「FX」だったり、上位表示することで月数百万、数千万と稼げる可能性があるキーワードです。(可能性があると述べているのは、サイトを作る事が下手な人が仮にトップ表示しても、大して稼げないからです。) このレベルになってくると、良いコンテンツを作っていても上位表示はなされません。とにかく、良質な被リンク勝負になってきます。
状況
  • ライバルが多い
  • ライバルが強い
必要なSEO
  • H1タグ・タイトルタグに狙ったキーワードを含めることは前提
  • 記事の内容も評価対象に厳しく含められることも前提
  • 被リンクが厳しく判断される
ノウハウ
このレベルで上位表示させるには、トップレベルのサイトアフィリエイターでないと厳しいです。各々に独自理論があり、それに基づいて日々検証を重ねて作業を行っています。 何故、独自理論があるのかというと、SEOには絶対的な正解がないためです。独自で理論を形成して、それに基いて機械的に被リンクを送っていかないと、再現性がなく一時的に稼げただけで終わってしまいます。
以上、3つの段階を見てきましたが、これからネットビジネスをやっていく人であれば、SEO難易度1・2を狙っていくことになります。SEO難易度1でもブルーオーシャンで、成約に繋がりやすいキーワードもありますので、そういったところを探すことが重要になっていきます。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。