頻発する低品質コンテンツに対する手動ペナルティと2014年のSEO対策について

おはようございます。スイクンです。 2013年の11月頃からサイト運営者に多く襲いかかったGoogleの手動ペナルティですが 1つの仮説を立てた結果、その後のさまざまな事例や検証結果から判断するに その仮説が正しいと思わざるを得ない状況になったので報告致します。 今回、頻繁に起こっている手動ペナルティの内容ですが 低品質なコンテンツを排除しますというものです。 実際に、その低品質なコンテンツには 僕のとあるサイトも引っかかりました。 そのサイトは、以前もお話をしたように 大人気サイトだったにも関わらず 低品質コンテンツであるとGoogleに宣告されたのです。 → https://yakugakusuikun.com/8730.html 普通に考えれば、これだけのPV数と、 そして訪問時平均滞在時間のあるサイトのどこが 低品質なのかと思っていたのです。 そして、Googleに対して、 ちょっと不信感すら抱いていました。 しかし、1つの仮説を立ててみた結果 それが、”あまりにも正しいのではないか”という裏付けが取れたのです。 その仮説とは… 「無駄なコンテンツ量の多さが低品質コンテンツに繋がる」 というものです。 もちろん、この仮説が正しいかどうかは Googleのみが知ることです。 ただ、このことを考えると、「そうだったのか!」と納得することが多いのです。 例えば、僕の大人気サイトがGoogleの低品質コンテンツに引っかかった理由は 無駄なコンテンツが多かったと考えれば納得が出来ます。 あのサイトは、総記事数が80記事くらいで その内の2記事だけで毎月数十万PVを集めていました。 そのことを考えると、残りの78記事は 「そもそも存在している意味があるのかな?」というコンテンツですね。 残念ながら、僕のあのサイトは、たった2記事だけでも十分だったにも関わらず 実際には人がアクセスしてこないような無駄なコンテンツの割合があまりにも多かったため Googleの低品質コンテンツに引っかかったのだと考えました。 こう考えれば、あのサイトが 低品質コンテンツに引っかかってしまったことに対して納得出来ました。 他にも、これを裏付ける検証結果もたくさん出てきました。 それは、僕の生徒さんにも試していただいた事からです。 どういった事を試していただいたのかというと 「無駄なコンテンツの削除」です。 とある方には、トレンドサイトの記事削除をしてもらいました。 その結果、削除後に爆発的にアクセスが伸びるのです。 もちろん、削除してもらった記事は アクセスの少ない順に下から数十記事削除してもらっています。 そうすると、サイトのGoogleからの評価が良くなるのです。 僕のメインサイトだってそうです。 リブランディングのために、過去の記事を一斉削除したりをすることがあったのですが そのような対策をしたら必ず検索エンジンの評価が良くなりました。 2013年後半のお話です。 過去には、僕のメインサイトは370記事くらいあったのですが 今はたったの180記事くらいしかないです。 そうやって、無駄なコンテンツ、古いコンテンツ、アクセスの少ないコンテンツを そぎ落としていった結果、ある程度どのようなキーワードでも 上位表示されやすいサイトが出来上がっています。 そして、PR4まで上がっています笑 稼ぐ系のサイトを運営している人の中には、 サイトボリュームが大切だとか考えて過去の記事をすべて残している方は多いのですが 今後はそれが無駄なコンテンツとして捉えられる可能性は高いのではないかなと思っています。 つまり、2014年のSEO対策としては、 無駄がなくスマートに、ユーザーにとってわかりやすいサイト構成を 心がける事が重要で、そのことをGoogleは言いたいのだと思います。 人に見られていないような無駄なコンテンツを いつまでも残しておかず一掃してくれと。 こういったことからも、今後はよりブログ形式のような 積み上げ型のSEOは効果がなくなり 更新頻度やサイトボリュームの評価は下がるのではないかなと思っています。 そして、ユーザーにとって見やすく、わかりやすい 更に無駄がないスマートなサイトが好まれるのではないかと考えています。 もちろん、これは僕が勝手に仮説を立てて それを検証してみた結果のお話なので、 Googleの考えとは食い違っているかもしれないです。 しかし、ここ最近のGoogleをみる限り そういったサイトがより好ましいのではないかと思うのです。 隅から隅まで見てもらえるようなサイトが 最高なサイトではないかなと感じます。 そのためにも、よりターゲットを絞ったキーワードで その人達に対してより適切なコンテンツを作っていくべきだなと思います。 PS というわけで、無料のWordPressテンプレートを探しに来た人に対して 有料のWordPressテンプレートを紹介するような 無駄なコンテンツの作成は控えるようにしたほうが良いなと考えました。 結構多いんですよね。 サイトのボリュームを出すために 「にきび 治し方」で検索してきた人に対して 「そもそもにきびとはどういったものか?」 「にきびにはどのような種類があるのか?」 といった、求めていないものまで書いてしまうことが。 これまでのGoogleからすれば、ボリュームが大切だったので こういったサイトが上位表示されやすかったこともあったのですが 今後はそのようなサイトを排除してくるようになるのかなと思います。

2 COMMENTS

よしおか

いつも素晴らしい分析情報をありがとうございます!
アクセスが少ない記事があるにしても、ある程度の多くの人に見られているサイトであれば、改善策を提案してほしいですよね。。。

有無を言わさず一発KOなところが恐ろしい。

サイト内整備を心がけつつ、高品質コンテンツを作っていきたいと思います。

返信する
スイクン

よしおかさん、どうもスイクンです。

コメントありがとうございます。

サイトはよりユーザーにとって見やすく
そしてGoogleにとってもわかりやすいサイトを心がけたいですね。

今後もサイトをよろしくお願いします。

返信する

スイクン へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。