Googleの手動ペナルティに再審査リクエストを送信して2週間経過し…



どうもスイクンです。

2013年12月18日に手動ペナルティを受けた際に、その原因としてはAdsense広告配置にあるのではないかと、結論を出しました。(参考 毎日感謝のコメントが多数寄せられるサイトが手動ペナルティに!Googleに再審査リクエスト送信中) そして、Adsense広告の配置を改善して、その改善点を詳細に記し、再審査リクエストを送信したのです。

あれから、約2週間が経過し、Googleから手動ペナルティの審査結果が返って来ました。正確には、手動ペナルティに対する返信というよりも、まだ違反しているよとの報告メールでした。

Googleから届いたメッセージ

Googleからウェブマスターツールへ送られてきたメッセージは次の通りです。

タイトル:

http://~~~~/ の再審査リクエスト: サイトが Google の品質に関するガイドラインに違反しています2014年1月5日

本文:

http://~~~~/ のウェブマスター様から再審査リクエストを受け取りました。貴サイトを確認しましたが、http://~~~~/ は現在も Google の品質に関するガイドラインに違反しています。検索エンジンの品質を確保するため、http://~~~~/ のページは Google の検索結果に表示されなかったり、掲載順位が低下したりすることがあります。

また、Google の品質に関するガイドラインに準拠しているサイトより信頼性が低いと見なされることもあります。貴サイトのステータスについて詳しくは、ウェブマスター ツールの [手動による対策] ページをご覧ください。サイトが Google の品質に関するガイドラインに準拠していることを確認できた場合は、このページからサイトの再審査リクエストを送信できます。

この問題の解決方法について他にご不明な点がある場合は、ウェブマスター ヘルプフォーラムをご利用ください。

ということはですが、GoogleAdsense広告の配置については特に問題点とはなっていなかった可能性が高いです。もし、仮に問題となっていたとしても、今回に限り、それに関してのペナルティではなかったと捉えるのが正しいですね。

では、一体何が原因だったのでしょうか?

手動ペナルティの原因

実はですが、僕は今回サイトが何をもって手動ペナルティになったのかの、原因というものは恐らく理解はできています。でも、そこを改善しないでも手動ペナルティが解除されないかなと思って、前回再審査リクエストを送信したわけです。

今回の手動ペナルティに引っかかっていると考えられるページは、3つあり、それらをA.B,Cとします。僕としては、出来る限りそれらのページを削除せずに、手動ペナルティを回避したいので、別の原因(GoogleAdsense広告の配置の改善)として、初回の再審査リクエストを送信しました。

しかし、それだけではGoogleは解除してくれなかったため、今後は、ページA.B,Cに対して、改善をして再審査リクエストを送信していかなければいけないですね。

ただ、問題となっているページを削除したり、完全に問題点をなくして再審査リクエストを送信しても面白みに欠けるので、ちょっと実験をしてみたいと思います。

実験内容

まず、僕が考えているのは、それらページA.B.Cを削除するのではなくて、パスワード制限をかけてみることです。通常公開するのではなくて、そのコンテンツをパスワード付きにするだけで、免れることは出来ないのかなと考えての対応です。

これが通用すれば、ペナルティを受けていない別ページにおいて、パスワードを記述しておき、「こちらのパスワード制限付きのページを閲覧するには、以下のパスワードを入力してください」と誘導していけばいいだけのお話です。

というわけで、2回目の再審査リクエストでは、該当しているであろうページすべてをパスワード制限をかけてからやっていきたいと思います。

結果は後程

さてさて、結果としてはどうなるでしょうか?それに関してはまた、このブログの中でお伝えしていきます。

サイトアフィリエイトでもなんでもそうですが、こうやって楽しんで実験したりすると面白いです。切羽詰まってお金を稼ごうなんて考えていると、なかなか収益には結びつかないです。楽しんでサイトアフィリエイトに取り組んでいきましょう。Googleと遊ぶくらいの気持ちでやるといいです。

余談

ちなみにですが、Googleの手動ペナルティを受けても、サイトのPV数と訪問時平均滞在時間は過去最高を更新しました。PV数53万、訪問時平均滞在時間は38分オーバーです。それまでのサイトのPV数等のデータは次の記事を参考にしてください。(参考 スイクンのサイト制作実績

アクセス数 2013年12月

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ