TinyMCE Advancedのおすすめ設定



TinyMCE AdvancedはWordPressの記事投稿画面のビジュアルエディタの編集ができます。

そこで、この記事ではTinyMCE Advancedで僕が実際に使っているおすすめ設定をご紹介します。


どうもスイクンです。

TinyMCE Advancedを利用することで

記事投稿画面のビジュアルエディタは

より使いやすくなります。

ですから、記事を参考にして

あなたが使いやすいような投稿画面に整えてみてください。

TinyMCE Advancedのインストール

TinyMCE Advancedをインストールするには

こちらのプラグインインストール方法を参考にしてください。

⇒ プラグインインストール方法

※ TinyMCE Advancedで検索をかければ出てきます。

TinyMCE Advancedの設定

TinyMCE Advancedの設定方法は次のようにします。

管理画面の設定⇒TinyMCE Advanced

設定画面では、使いたいアイテムをドラッグ&ドロップで移行させていきます。

プラグイン

逆に、不必要なアイテムは、Unused Buttonsの枠内にドラッグ&ドロップで移動させていきます。

当サイトで僕が利用しているのは、次の画像の通りです。

プラグイン

利用しているアイテムは以下のものです。

太字、イタリック体、下線、引用、背景色、テキスト色、横ライン、番号なしリスト、番号付きリスト、左寄せ、中央揃え、右寄せ、リンクの挿入、リンクの削除、テーブル、段落、フォントサイズ、打ち消し、インデントを減らす、インデントを増やす、フォーマットのクリア、ツールバーの切り替え、取り消し、やり直し

特に僕が記事を書く際によく使うアイテムは…以下の8種類です。

  • 太字 文字を太くして目立たせるために利用しています。
  • 下線 文字に下線を付けて目立たせるために利用しています。
  • 引用 引用を使うことで記事の見た目にメリハリを付けています。
  • 背景色 黄色マーカーとしてよく使います。
  • テキスト色 赤色をよく使います。
  • 番号なしリスト 番号付きリスト まとめて必要事項を列挙する際に使います。
  • リンクの挿入 記事中からリンクを送るときに使います。
  • 段落 H3,H4,H5タグを頻繁に利用します。

最低限、これらのアイテムは使えるようになっておきましょう。

以上の変更を完了しましたら

Save Optionをクリックして終了です。

設定


以上でTinyMCE Advancedのおすすめ設定のご紹介は終わりになります。

記事投稿を快適にして、作業効率を高めていきましょう。

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ