WordPress運営サイト全体にプラグインでパスワードをかける方法



WordPressで運営しているサイトであれば、プラグインを利用して簡単にパスワードをかけることができます。

しかも、アクセス制限を利用した場合と異なり、より容易にログイン出来るようになりますので、管理が簡単になります。

この記事では、WordPress運営サイト全体にプラグインでパスワードをかける方法を紹介します。


どうもスイクンです。

WordPressプラグイン「Password Protected」を利用すれば

簡単にパスワードをかけることができます。

しかし、1つだけ欠点があり、こちらの記事で紹介した方法とは異なり

サイト全体にしかパスワードをかけることができません。

⇒ サイトや特定ディレクトリにパスワードをかける方法

ですから、特定ディレクトリにパスワードをかけたい場合は

上記の記事から設定をしてください。

サイト全体にパスワードをかけるのであれば

この方法が非常におすすめなので利用してみてください。

Password Protectedのインストール

まずはワードプレスプラグインである「Password Protected」を

インストールしていきます。

インストール方法はこちらの記事をご覧ください。

⇒ WordPressプラグインのインストール方法

Password Protectedの設定

このプラグインの設定は非常に簡単です。

インストールした後は、「設定⇒Password Protected」より

設定をしていくことができます。

かならず設定するべきなのは、

Password Protected StatusのEnabledにチェックを入れることです。

パスワード

そして、New Passwordの部分に

設定したいパスワードを入れます。

以上により、サイトにアクセスしようとすると

設定したパスワードを入力しないとログイン出来ないようになります。

こうすることで、会員制サイトを構築することができます。

アフィリエイターであれば、

購入者に対して特典を付けることがあるかと思います。

その際に購入者専用サイトを作るなら

この方法でパスワードをかけていくことをおすすめします。

パスワードは購入者さんに対して

インフォトップの特典登録でDLしてもらうことでお伝えしていけば

特典配布の自動化もできます。

⇒ インフォトップの特典付きアフィリエイトリンク生成方法

パスワードのかけかた比較

パスワードのかけかたとしては、この記事以外に

こちらの記事でも紹介しました。

⇒ Xサーバー運営サイトにパスワードをかける方法

こちらの方法と今回の方法は次のような使い分けをすると良いでしょう。

Password Protectedプラグインを利用した方法

パスワード管理を楽にしたい(パスワードのみを管理するだけで良いから)

WordPressで運営している場合

アクセス制限を利用した方法

パスワードを破られたくない場合(ユーザーIDとパスワードの2つの入力が必須のため、より強力になる)

SIRIUS等で作ったサイトにもパスワードをかけたい場合

このような使い分けをしていくと良いかと思います。

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ