スマートフォン解析

ペンギンアップデート3.0?手動ペナルティに続きGoogle順位の大変動



ペンギンアップデート3.0と思われたこの変動。

Googleのバグか別のアップデートという見方も強まっています。そのことに関しての記事はこちら。→ Googleは1つの集客手段として捉える


どうもスイクンです。

1週間前にメールを配信した際には、実質のないコンテンツペナルティが多発しているとお話しました。

→ 2014年7・8月のGoogle手動ペナルティ多発問題と今後の対策

2014年7月から8月にかけて、実質のないコンテンツとして、手動ペナルティを受けている人が非常に多かったわけです。

しかし、今回また、Google順位の大変動が起こりました。

今回の場合は、Googleウェブマスターツールに対してメッセージによる連絡がないので、恐らくペンギンアップデート3.0ではないかと考えられています。(ペンギンアップデートとは、不正な被リンクを取り締まるアップデートのことで、自作自演リンクによって過剰に良い評価を受けているサイトをなくそうとするアルゴリズム更新を言います。)

実際に僕が運営している数百サイトの内、先ほどGRCと呼ばれる検索順位チェックツールで見てみると大きく検索順位を下げているサイトも多々見られました。

GRC

(青矢印で下になっていると、検索順位が下がっていることを意味します。その左隣りの「–」のマークが順位が付いてない=圏外に飛んだ事を意味します。)

一応、GRCに関してわからないという場合には、どういったツールなのかこちらもご覧になってください。

→ GRCのレビュー

ただ、一個人の僕だけの順位が下がっていたとしても、それでペンギンアップデートであるとは言えないでしょう。

では、どうやって判断するのかというと、こちらのナマズを見て、順位の大変動具合を見るのです。

→ http://namaz.jp/

8月23日9時頃は大変動20.9位を示していました。

ペンギンアップデート3.0

他にもペンギンアップデート3.0がローンチ間近か?

→ http://www.seojapan.com/blog/google-penguin-three

なども考慮して、これがペンギンアップデート3.0であろうと予想をしています。

順位変動が一段落するまで待つ

今回の大変動はペンギンアップデート3.0と予想していますが、GRCで検索順位をチェックしてみると、まだまだ動きが激しいです。

昼ごろに見た時には圏外に落ちていたものが、先ほど見たら、元に戻って1ページ目にいたりなどまだグラグラと揺れ動いている状態です。

こういった変動がまだ続いている時には、まずはゆっくりと静観をしているのがBestでしょう。

そして、変動がおさまってから、ようやくどういったサイトが圏外に落ちたのか、どういったサイトの順位が上昇傾向にあるのかを見極めてから考えうる最適解を見つけて、その方法でサイトを作っていき上位表示させていくのです。

サイトアフィリエイトで稼いでいくのはこの繰り返しです。

ですから、サイトアフィリエイトの本当の最先端で稼いでいくのは、相当な知識量と経験値がものを言います。

確かに、何かのノウハウを購入してやっていけば、ある程度は稼げるのは間違いないのですが、何かのノウハウに依存してしまうと、こういった大変動が起こった時に一気に落ちることがあります。

そうならないように必要なのは、圧倒的な検証数と、思考した過程です。

そういった積み重ねがある人は強いのです。

ノウハウは点でしかなく、思考過程は連続的なもの

前回のメルマガから引用させていただきますが・・・

ほとんどの人は、稼げるノウハウしか知ろうとしません。つまり、これまで長く続いてきたアフィリエイトの歴史の中でも最先端の所だけを知りたがるのです。

そうすると、どうなるか?

その先端部分しか知らないので、そのノウハウが変更されてしまったら対応できなくなります。そして、また新しいノウハウを追い求め続けることになるのです。

これが正に真実です。

仮に、今稼げるノウハウを購入し学んだとします。

しかし、それはそのノウハウを開発した人のこれまでに積み上げてきた思考過程、実験過程の中の最先端の部分とその周辺程度でしかないのです。

ですから、そこを学び取ったとして、確かにその時には周囲の状況の変化がなにもなければ普通に稼げるかと思います。思考停止状態でも。ただ、それでは通用しなくなる時が来ます。

それは、周囲の状況が変化した時です。

やはり、稼げる市場ですから、他にも人がやってきます。そうなってくると、競合との争いも激しくなっていきます。

また、Googleであれば今回のアップデートのような大変動が起こる可能性もあります。

ツイッターでも同様に規約の変更などが起こったり、これまで使っていたアカウントが凍結されてしまったり、芋づる式にすべてのアカウントが凍結されるなどの危険性だってあります。

こうなったときに、思考停止状態で稼いでいた人は・・・

  • 何故、それを実践しているのか?
  • 何故、その方法が最適だと考えられているのか?

ということがわからないために、周囲の大きな変動があったら、次に通用しなくなってしまうのです。

しかし、自身の思考過程を通して、自分で何度も実験を積んで得られた知識やその経験は決して無くなることがなく、何かの変動にも対応することができます。

失敗を無駄にしないこと

恐らく、今回のことがペンギンアップデート3.0(?)であることが世の中に伝わっていき、その被害が相当大きかったことが多くの人に伝わっていくと・・・

また例のアレが出てきます。

そうです。

「もう、サイトアフィリエイトで稼げる時代は終わった・・・」

です。笑

正直な所、みんながそう言ってくれればくれるほど、本当の実力者にとっては、めちゃくちゃありがたいことです。またサイトアフィリエイトを実践する人口が減ることになるので。

恐らく、今回の2014年7月から大きく始まった実質の無いコンテンツペナルティから、ペンギンアップデート3.0(?)という最悪の流れを受けて、「もうサイトアフィリエイトなんて辞めたい・・・」なんて思っている人は多数いることかと思います。

でも、僕からしたら、これはチャンスだなって思うのです。

だって、これからまた業界でアレが流行るからです。

「もう、頑張って作り上げた資産を一瞬にしてなくしてしまう、Google依存型のサイトアフィリエイトなんかやめて、メルマガアフィリエイト(せどり、輸入ビジネス、ツイッター集客などなど)で一緒に稼ぎませんか?」

普段はこういった言葉が響かなくても、今回のように大変動が起こった後なら、ドキッとして、そちらにふらふらと流れていってしまうことは予想が付きます。

恋愛でも付き合ってきた彼女にふられて落ち込んでいるとき、新しい道(好みの女の子)が現れたらそちらにふらふらと付いていくような、あの感覚と一緒です。

ただ、僕から言えば、変動があったからもうだめだと考えて、すぐに諦めては欲しくないんですよね。(恋愛の場合は、相手が嫌だって言っているならすっぱり諦めた方が良いかもしれません。最悪ストーカーになります。)

今回の大変動で僕のメルマガを読んでいない、サイトアフィリエイトをちょっとかじった人たちは、こぞって消えてしまう可能性が高いのです。

だからこそ、ここを踏ん張り、失敗の経験を活かして、次はどうやって稼いでいくのかをはっきりと定められる人は強いなと思っています。

と、今日はちょっと長くなってしまいましたので、ここらへんで終わりにします。

今後はどうやっていくのかについては、前回のメルマガでも多少は書いておきましたが、またそういった内容は今後メルマガで配信していきます。

とりあえず、僕もある程度変動がおさまってから、検索順位の動きなどを見て今後のサイトの作り方やSEO手法を考えていこうと思っています。

ただ、今後の流れとしては、ソーシャルメディアを有効活用して拡散を起こし集客したり、更には、ステップメールでのDRM的な要素も使っていくことになるのは間違いないと思います。

 

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

2 Responses to “ペンギンアップデート3.0?手動ペナルティに続きGoogle順位の大変動”

  1. 匿名 より:

    スイクンさんまで下がってしまったんですね…
    スイクンさんのサイトはこのサイトと同じようだったらすごいはずなのに…

    グーグルの変動も激しくなっていますね…

    • スイクン より:

      どうもスイクンです。

      コメントありがとうございます。

      Googleの変動は本日元に戻ったという感じで良くなりましたね。

      ペンギンアップデートではなくて、
      別のアップデートやGoogleのバグだったのではないか
      という見方も強まっています。

      このサイトはかなり強いですが
      他の方にはあまり手が回らない状態なので
      結構下がったりするケースは多いです。

      それでは、今後共よろしくお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ