ソーシャルメディア集客:露出媒体の選択と媒体力強化

どうもスイクンです ソーシャルメディア集客を成功させるためには、あなたが作成したコンテンツを露出していき、こんなコンテンツがあるよということを人々に知らせる必要があります。 そして、コンテンツを露出する上では、最初は自分からアピールをする(露出をしていく)事が大切です。 そのために、露出をしていく媒体をたくさん作っていきましょう。 では、どういったソーシャルメディアに注目をして媒体を構築していけばいいのかを解説していきますが、その前に露出&拡散の原理を確認するため、露出の3段階を解説します。

露出の3段階

露出には以下の3段階が考えられます。
  • 第1段階 ソーシャルメディア → 自らアピールする
  • 第2段階 Google検索エンジン、ソーシャルメディア、はてなブックマーク  → 他者が広げてくれる
  • 第3段階 まとめサイト、ニュースサイトなど → 他者にコンテンツが引用される
ソーシャルメディア集客をする目的は、この中の第1段階での露出を増やしていき、自らのコンテンツをアピールする事です。それによって、第2段階、第3段階へと連鎖が起こる場合があります。第3段階までいけば、引用元などとして表記されるため、相当なアクセス数や被リンク効果が見込めます。

露出媒体の選択

ソーシャルメディアの露出媒体としては、以下の2つが有効です。
  • Twitter
  • Facebook

Twitterでの露出

Twitterは匿名性が高い媒体で、RT拡散(露出の第2段階)が引き起こればかなり多くの人にアプローチが出来ます。しかし、実際にクリックされるかどうかといえば、その可能性はかなり低く、なんとなく見ているという方も多いのが事実です。 ただ、そういった気軽なコミュニケーションツールとしてのTwitterをうまく利用すれば、RTは爆発的に起こり、Twitter上で媒体力の大きな人の目に止まり、露出の第3段階目が起こり得ます。 Twitterは「rel=”nofollow”」属性が指定されているため、Twitter上のリンクは被リンク効果としてはないのですが、露出の第三段階までいけば、多くの被リンクを獲得することも出来ます。 ※媒体力の大きな人の目に止まり、自身のコンテンツを拡散してもらえれば、自身は媒体力が弱くても多くのアクセスを集めることが出来ます。
Twitterアカウントの利用
Twitterアカウントを利用して、Twitterで媒体力を強めるには、以下の記事を参考にしてください。
Twitterbot作成&活用方法
Twitterの媒体力強化
Twitterの媒体力を強化するためにやることは、フォロワーを増やすことと、より濃い関係性を作り出すことの2点です。 フォロワーを増やすには、Twitterフォローツールの利用がおすすめです。現状はフォローマティックXYが最高のツールです。 より濃い関係性を構築するには、日々のコミュニケーションが必須となります。

Facebookでの露出

FacebookはTwitterと比較すると、匿名性が低い(実名性が高い)ため、コンテンツの拡散力はそこまで強くありません。何故なら、実名であればあるほど、そのコンテンツを拡散することでどのように見られるかを気にするからです。
参考 情報が共有されやすい条件とは? 実名性が高いFacebookであれば、人が共有することで恥とならず、むしろ共有することでその人の価値を高めるような情報を提供することが共有される最低条件と言ってもいいでしょう。
この点を押さえてうまくコンテンツを作れば、強い拡散力が期待出来ます。
Facebookの媒体力強化
Facebookの媒体力を強化するには、友達を増やすこと、エッジランクを高めることが重要です。 しかし、Facebookの場合は、なかなか友達を増やすことは難しくなります。何故なら、いきなり知らない人から友だち申請が来ても、通常の人の感覚であれば拒否するからです。 そのために、Facebookページを利用していくことが有効です。
参考 Facebookページの作成方法
Facebookページを作成してファンを増やし、その人達にアプローチしていくことをおすすめします。

まとめ

ソーシャルメディア集客をうまく活用できれば、露出の2段階目、3段階目が発生し、より多くのアクセスや被リンクを獲得できます。そのための、露出起点となるのがソーシャルメディアですので、常に媒体力を強化していくことを考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。