Facebookページカスタマイズ:基本データ設定



どうもスイクンです。

今回はFacebookページの基本データを設定していきます。

Facebookページのカスタマイズ

基本データ画面の表示

管理者用パネルから「Facebookページを編集」→「設定を編集」で基本データ設定画面へ移動できます。

基本データ

基本データ設定

基本データ設定画面では、次の4つのタブが上部にあります。その中の上から3つを当記事では扱っていきます。

  • 一般
  • ページ情報
  • 管理人
  • その他

一般設定

カスタマイズ

画像の中でも設定が必要だと思われる(人によっては不要な場合もあり)項目について解説します。

  • 公開範囲 ページを公開するか非公開にするかを選択できます。
    • 通常は公開しておきます。
  • 投稿の設定 タイムラインに投稿できる人を制限できます。
    • 管理者のみが投稿できるかどうかです。運営方針によって設定は異なります。
  • 投稿の共有範囲 一般ユーザーからの投稿をタイムライン上に表示するかどうかを選択できます。
    • 運営方針に合わせて許可するかどうかを決めます。
  • メッセージ タイムラインにメッセージできるかどうかの設定ができます。
    • ファンとのコミュニケーションを図り、拡散を狙うなら表示します。
  • タグ付けの権限 一般ユーザーのタグ付けを認めるかどうかを選択できます。
    • 拡散を狙うのであれば、許可を推奨します。
  • お知らせ 一般ユーザーがページに投稿・メッセージ・コメントをした際に登録メールアドレス宛にそのことを知らせるかどうかの設定です。
    • 基本的にお知らせを登録メールアドレスに届くようにしておきます。
  • ページのモデレーション 禁止語句を決めます。
    • 禁止した語句が入った投稿・メッセージ・コメントを受け付けないようにできます。
  • 不適切な言葉のフィルタ
    • 禁止語句リストを設定するページならこちらもブロック設定をかけておくべきです。

ページ情報

こちらに関しては、見た通りなので、詳細説明は省略します。

Facebookページ

管理人

管理人を新たに追加することができます。複数人でFacebookページを管理する際に利用していきます。通常であれば、一人で管理することになりますので、特に必要はない項目です。

管理者権限

ちなみに追加することができるのは、管理者(あなた自身)のユーザーアカウントと友達関係となっている方のみを追加可能です。

以上の設定を完了しましたら、更にカスタマイズを進めていきましょう。その際には以下のコンテンツを参考にしてください。

Facebookページのカスタマイズ

以上の作業を完了させたら、ブログとの関連付けを行いましょう。

→ Facebookのソーシャルプラグイン

LikeBoxの利用をおすすめします。

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ