トレンドアフィリエイトのPV数とGoogleアドセンス報酬の関係性

どうもスイクンです。 今回はトレンドアフィリエイトのPV数と月収の関係性についての解説です。大体どれくらいのPV数を集めれば、どれくらい稼げるのかの目安として考えてください。

目次

  • Googleアドセンス報酬の公式
  • リピーター率とクリック率の関係性
  • Googleアドセンスで月収10万達成するために

Googleアドセンス報酬の公式

Googleアドセンス報酬は、以下の公式で考えることが出来ます。
Googleアドセンス報酬=PV数×クリック単価(円)×クリック率(%)÷100 …式1

トレンドサイトの場合

トレンドサイトの場合、ジャンルがごちゃまぜのため、クリック単価は20円から30円くらいです。そして、クリック率は大体1%前後です。
式2への変換
そのことから、式1は以下のようになります。
Googleアドセンス報酬=PV数×0.3(円)・・・式2 (クリック率1%、クリック単価30円の場合)
予想日収・月収
これにより、1日のPV数に応じて、次のような日収・月収(30日とした。)を得ることが出来ます。
PV数 日収(円) 月収(円)
100 30 900
1000 300 9000
1万 3000 9万
10万 3万 90万
この表を見ると、具体的にどれくらい稼げるかがわかるかと思います。 企画月収100万円ストーリーでは、月収10万達成者が続出していますが、ほとんどは1ヶ月間で30万PV以上のアクセスを集めています。 しかし、これはあくまでも、クリック率1%・クリック単価30円で考えた場合です。 場合によってはクリック率が低くなることがあります。では、どういった時にクリック率が低くなるでしょうか?

リピーター率とクリック率の関係性

Googleアドセンスでは、基本的にサイトへのリピーター率が高くなればなるほど、クリック率は低くなっていきます。 何故なら、リピーターは広告配置を覚えているために、広告をクリックする可能性が極端に下がるからです。 僕がサイト制作実績として載せている、53万PV且つサイト滞在時間38分を記録したサイトでは、リピーターが約85%です。この時のクリック率は0.5%程度でした。 ですから、アクセスはあるものの、リピーター要素が非常に強いと、あれだけアクセスがあっても、Googleアドセンスであ月収10万円程度です。 もちろん、リピーター要素が強ければ、Googleアドセンスのようなクリック報酬型アフィリエイトだけではなくて、成果報酬型アフィリエイトでも稼げます。 その点を考えると、そのサイトに適切な広告を仕込めば、Googleアドセンスで稼げるはずであろう金額以上に稼げることがあります。 とりあえず、この事例から考えると、リピーターが多ければ多いほど、クリック率が下がるので、Googleアドセンス報酬は少なくなります。 以上のことからGoogleアドセンスで月収10万を達成するには、どれくらいのアクセスを集めればよいかをまとめていきます。

トレンドアフィリエイトで月収10万を達成するには

Googleアドセンスで月収10万を達成するには、リピーター要素が低くなるごちゃまぜトレンドサイト(さまざまなジャンルをごちゃまぜにしたサイト)を運営していく場合、月間34万PV以上を集めることが1つの目標となるでしょう。 そして、リピーター要素が強くなる特化型トレンドサイト(トレンドキーワードは使うが、より何らかに特化したサイト)を運営していく場合、もっと多くのアクセスを集めない限り、Googleアドセンス単体では月収10万に達成しがたいです。 ただし、リピーター要素が強いほどサイトに対する読者の信頼は強いので、適切な成果報酬型アフィリエイト広告を仕込むことで容易に月収10万は超えていき、月収数十万も狙っていけます。

1 COMMENT

気付けば公開記事数が100を突破していたので、振り返りと今後の抱負 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。