meta descriptionの適切な記述方法



上位表示だけではなくて

ユーザーにサイトをアピールするためにも重要になる、

meta descriptionの適切な記述方法を解説していきます。

meta descriptionタグは、

検索結果としてタイトルの下に要約文として表示されます。

図の黄色枠部分です。

これはスニペット(snippet)とも呼ばれることがあります。

ちなみに、黄色枠の「スイクン」というキーワードが太文字になっているのは、

検索キーワードとして、「スイクン」を指定したからです。

サイトタイトル

meta descriptionの変更方法

賢威6.1

賢威の設定⇒サイト内の共通設定⇒サイトの簡単な説明

メタディスクリプション

meta descriptionの付け方

  • titleタグやh1タグとは同一ではなくて、それに沿った内容で、且つ長い文章を書いてください。
  • 更に、文章として成り立っているものにしてください。単語の羅列ではサイトのPRにならないだけでなく、SEO的にも不利です。
    • 例 当サイトの場合
    • タイトル ネットビジネスで学生起業を果たした北大生スイクンのブログ
    • スニペット 北海道大学薬学部で研究室生活の傍らネットビジネスで月収200万稼いで休学後、起業を果たして月収1000万を達成したスイクンのブログ
  • 文章の文字数は80-100文字前後を目安に書いてください。
  • タイトルタグと同様に、重要なキーワード程、最初の部分に持ってくることが望ましいです。
  • 同一キーワードの頻出はSEO的に良くないので、最大でも同一キーワードは2~3度までとしておきましょう。
  • ページによってメタディスクリプションは変えるようにしましょう。重複問題を避けるためです。

最後に

meta descriptionはあくまでもサイトの宣伝として使うため、

文章として成り立つ事を意識して書いてください。

それとともに、タイトルタグの最適化も行なっていきましょう。

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ