ネットビジネスで起業するまでに知っておきたいこと



どうもスイクンです。

ネットビジネスを開始するにあたって、

本気で稼ぎたいと思っているのであれば、

後ほど法人化を見据えていくことが望ましいです。

そのために、どのような点を事前に知っておけば、

よりスムーズに会社設立ができるのかについて、

法人化を済ませた僕からアドバイスをしていきます。

  • 会社設立費用を知っておこう
  • 税金について知っておこう
  • 銀行口座とお金の管理
  • 領収書について

会社設立費用を知っておこう

株式会社の設立費用として、

自身で設立をする場合は以下の費用が最低限かかります。

この事を事前に知っておきましょう。

  • 定款認証印紙代 40000円 定款の認証を得るためには、収入印紙を貼る事が必要
  • 定款認証手数料 50000円 会社設立には定款を作成し、公証人に承認してもらう事が必要
  • 定款謄本取得費用 2000円 謄本とは原本の内容を写した文書のこと
  • 登録免許税 150000円 家や土地を購入したり会社を設立した時に課せられる国税(資本金がかなり大きい金額となる場合は、これよりも大きな額となるが、アフィリエイター等の場合はそこまで大きな資本金を用意しないので、一律15万円と考えて良い。)
  • 合計 242000円

また、法人化をしたら、

法人代表者の権利・義務を立証する

法人印鑑が必要になります。

  • 法人印鑑 約1万-3万円

更に、自分のネットビジネス作業に集中したいなら、

毎月の領収書・キャッシュの管理に関しては、

税理士にお任せをしたほうが良いです。

その場合、以下の金額はかかると思っておきましょう。

  • 税理士費用 月額1万-5万くらい
  • 決算料(年に1回) 12-15万円
  • 年末調整代 約2万円

以上の費用は最低限かかると思っておきましょう。

もちろん、これらにかかる金額以上に、

法人化をするメリットがありますから、

最低月収50万は安定して稼げるようになったら

法人化をするべきでしょう。

あくまでも安定して稼げる事が条件で、

安定して稼げていない場合は、

まだ法人化は早いです。

税金について知っておこう

税金は会社の利益に対してかかってきます。

一番問題となるのは、売掛金があまりにも多くなっている場合です。

(売上としては出ているけれど、相手が現金として払ってくれてない場合)

現金が回収できていないのに、

利益が莫大に出ている場合、

納税は現金が手元になかったとしても待ってはくれません。

ですから、納税分としてしっかりと払えるだけの金額を

常に残しておくことが重要になります。

お金を稼いだからといって、

ブランド品だったり、高級車を購入して遊んでいると

後ほど危険なことになります。

会社倒産となるケースとして最も多いのが

「税金が支払えなくて・・・」というケースなので、

資金繰りはしっかりと管理しておく必要があります。

まあ、お金を無駄にたくさん使いすぎている起業家に

ついていくのは危険ってことです。

ビジネスをやっていくのであれば、

利益を大きくすることに投資をしていくべきで、

娯楽にお金を使うのは税金を払った後でも、

1億円くらいの貯金が出来てからの方が絶対に良いと思います。

それくらいないと安心はできません。

銀行口座とお金の管理

先ほど、納税のためにお金を残しておくことが重要であるとお話をしました。

ですから、銀行口座はビジネス用と個人用にわけて、

ビジネスではビジネス用口座でお金の管理をしていくことをお勧めします。

このビジネス用の銀行口座は1つにして、

キャッシュ・フローをわかりやすくしろというのは、

法人化すると税理士に何度も言われることになります。

ですから、個人でやっている場合でも、

その点に気をつけてやっていくべきです。

領収書について

領収書は経費がどれくらいかかっているかを

把握するために必ずとっておくべきです。

「利益=売上-経費」となり、

利益に対して税金がかかってくるので、

経費を使った証拠をしっかりと残しておきましょう。

ただし、勘違いしている人が多いのですが、

娯楽だったり、ブランド品に関しては

経費として落とすことは出来ません。

これをやっているような感じに

見受けられるネットビジネス関係の起業家は多いですが、

それはブラックな事なので、真似はしないでください。

そのような起業家は数年後、

税務調査でばれて一気に地に落とされてしまいます。

経費とはあくまでも、会社の利益を追求するために利用したお金

であることを忘れないでください。

以上のことは、会社を設立するまでに

知っておいて貰いたいことです。

他にも色々とありますから、

その点に関しては後ほど述べていきます。

追記

ネットビジネスをやっている人の間では、

サラリーマンは良くないとは言われていますが、

実際サラリーマンはかなり会社に守られています。

ですから、ある程度の企業に就職していて

満足しているのであれば、

起業しなくとも良いかなと思っています。

追記1

ネットビジネス、特にアフィリエイトはあまりにも利益率が高すぎて、

そのままでは税金でかなり持っていかれてしまうので、

稼げるようになったら広告費をかけていく事が重要だなと

ここ最近思っています。

仮に1000万広告費かけて、

1000万しか回収できなくとも、

利益は0ですがメルマガ読者は広告をかけた分増えます。

ですから、確実に資産としては莫大なものとなっていきます。

月収100万程度稼げるようになったら、

広告費をかけていくのは重要になるかと思います。

ただし、しっかりとしたコンテンツを作っていることは前提です。

そうでないと、指導に時間がかかりロスが大きくなりますので。

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

One Response to “ネットビジネスで起業するまでに知っておきたいこと”

  1. 副業サラリーマン@ジーパン より:

    初めまして。

    副業サラリーマン@ジーパンと申します。

    ブログを拝見させて頂きました。

    私は日頃サラリーマンとして働いていますが、

    夜や休日は複数の収入源を構築を目指して

    ネットビジネスをしています。

    私だけの知識では偏ってしまうので、

    同じように活動されている方の

    ブログやホームページを見ているときに拝見しました。

    とても勉強になります。

    またホームページを拝見したいと思います。

    応援させて頂きます。

    私もサイトを運営していますので、

    一度お越し頂けるとうれしいです。

    よろしくお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ