号外広告を利用してメルマガ読者を集める上でのポイント

どうもスイクンです。 今回は号外広告を打ってメルマガ読者を集める際に 注意しておくべきポイントを説明していきます。

号外広告とは

号外広告とは、メールマガジンを発行している方であれば 他人のメルマガに自分の人物(無料レポート、LP、ブログ)を お金を支払って紹介していただくことです。 発行部数の多いメルマガでは稀に 「【号外】~~~ 」 というタイトルのメルマガを見るかと思います。 それが号外広告です。

号外広告について 運の要素が激しい

号外広告は当たり外れが大きくて運の要素が非常に高いです。 例えば、聞いた話によると 20万円の広告費をかけたにも関わらず メルマガ読者がたったの10名しか集まらなかった等 悲惨な結果も多々あります。 このような状況ですから本当に資金に余裕があって 税金対策として何とか資金を広告にでもかけないと利益がやばい というようなレベルの人以外は手を出すべきではないと言えます。 もちろん、本当に信頼出来る人にお願いをするのであればいいのですが そのような環境は初心者の場合は持ち合わせていないので 必然的にかなり稼げている人しか利用できない手法です。

紹介者の選び方

どのようにして広告代理店、紹介者を選べばいいのかというと
  1. 過去の実績は見ない。今の実績で判断する。
  2. 情報を事前に集めてから絞り込む
という事をしていきます。 1については、ネットビジネス業界は移り変わりが非常に激しくて つい1年前まで稼いだ人でも今では稼げなくなっている人もざらにいます。 ですから、過去の実績に惑わされてこの人に紹介してもらえば 良質なリストを沢山手に入れられると思いお金を払うと失敗します。 また、2についてですが 紹介してくれる人が普段書いているメルマガを 少なくとも数ヶ月は読み続けてください。
  • 無料オファーばかり流しているような人
  • めったにメルマガを配信しないような人(一部例外はあり)
は基本的にリストが良質ではなくなっているので そのような人に頼むのはやめたほうがいいです。 しっかりとした情報発信をしている人にお願いしましょう。 そして最終的にですが、一番はあなたが信頼出来る人に頼むことです。 紹介してもらってダメだったとしてもいいや と思えるような人にお願いをしましょう。 まあ、基本的にはどのような人が号外広告を出してリストを集めるのかというと、 利益が余っていて税金対策として利用していく場合が多いです。

号外広告として出す紹介文

号外広告はお金を払って紹介してもらう以上 資金を回収できるくらいの人数を自分の方へ集めてこないといけないです。 そのために大切なことは 先ほど話したように誰に紹介してもらうかの他に どのような紹介文で、自分の持っているものの何を紹介してもらうか が大切になってきます。 紹介文とは言っていますが 実際はセールスレターだと思って書いてください。 どれだけ成約率(自分へ人を集められるか)を高められるかが勝負です。 そして、出来る限り素晴らしいコンテンツを提供しましょう。 そうでないといくら集まってきてもすぐに人が逃げていってしまうので 相当素晴らしい物を作り上げるまでは このような号外広告は使うべきでないと言えます。

2 COMMENTS

スイクン

オートツイッターは
ツイッターFollow間隔が長くて時間がかかりすぎることと
凍結リスクが高いので良くないですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。