301リダイレクト(同一ドメイン内)の設定方法:「.htaccess」の書き方

どうもスイクンです。 今回は「.htaccess」の設置による、同一ドメイン内別ページへの301リダイレクト設定方法を解説します。 301リダイレクト設定方法を解説する前に、.htaccessについて軽く説明してきます。

.htaccessとは

簡単に言えばウェブサーバーの動作を制御するためのファイルです。

どこに存在しているか

このファイルは「http://ドメイン名/public_html/」の階層に入っています。 htaccess それでは、以下で301リダイレクトする際の記述方法を解説していきます。

同一ドメインの別ページへリダイレクトする

次のように.htaccessに記述します。
Redirect 301 リダイレクト元 リダイレクト先

記述のポイント

  • Redirectと301の間は半角スペース
  • Redirect 301の後も半角スペース
  • リダイレクト先は完全なURLで記述
  • リダイレクト元とリダイレクト先の間も半角スペース

実例

実際に例をお見せします。 リダイレクト元ページ http://xy1-suikun.com/861.html リダイレクト先のページ http://xy1-suikun.com/ とした場合 以下のように記述します。
Redirect 301 /861.html http://xy1-suikun.com/
クリックで拡大します。 リダイレクト記述例

利用するツールやソフト

.htaccessに記述する際には,TeraPadがおすすめです。

別の301リダイレクト設定方法

WordPressの場合、プラグインを用いれば簡単にできます。
301リダイレクトの設定方法:プラグイン「Redirection」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。