A8ネットで成約したページを調べる方法とは?



データ

アフィリエイトで収益を伸ばすために重要な事の1つは、どのページから成約が決まったかを把握することです。これがわからないまま、むやみに記事を書きまくって、アフィリエイトリンクを貼りまくっていても、意味がありません。

成約したページさえわかれば、次は、そのページにはどのようなキーワードでアクセスが来ているかを調べることで、実際に成約したキーワード=稼げるキーワードがわかるというわけです。

他人から聞いた成約キーワードではなくて、そうやって自身の成約キーワードを調べていくことで、実力はどんどん高まっていきます。

※記事を書くことは誰もがやるのですが、このような結果の解析はあまりやらないものです。だからこそ大きく差が付きます。試験勉強でも問題をといてほったらかしておいた人よりも、解いた後に答え合わせをして復習までしっかりとやる人の方がうまくいきます。それと全く同様のことです。

もっと稼ぎたいのであれば、面倒くさがらずに

  • どんなキーワードでアクセスがあり
  • その訪問者はどのようにサイトを遷移し
  • 最終的に成約へ至ったのか

をきちんとデータとして集めていきましょう。

前置きが長くなりましたが、今回は誰もが使っているであろうA8ネットで成約ページを調べる方法をご紹介します。

A8ネットで成約ページを調べる方法

A8ネットにはコンバージョンリファラレポートがあります。これを活用すれば、どのページから成約があったのかを知ることができるのです。

ただし、コンバージョンリファラレポートはA8ネットのホワイトランク以上の人のみ利用可能なので、登録してすぐに表示されるというわけではありません。(※ホワイトランク以上になるには、月1000円以上の報酬を出せば良いです。)

考えてみれば当然ですが、登録してすぐには成果が発生すらしてないので、成果を出した人だけが見れるっていうわけです。

では、どこからそのコンバージョンリファラレポートが見れるのかというと・・・

  • 管理画面にログイン
  • レポート→新レポートβ版
  • コンバージョンリファラレポート
  • リファラに表示されているURL

です。

そんなに難しいことではないので、どのページから成約が決まったかをしっかりと把握しておきましょう。

成約データはダウンロードして保存しておこう

ちなみにですが、このデータに関しては、下部にある「表示データをダウンロード」からエクセルなどの形式でダウンロード可能です。こうすることで、わざわざA8ネットにログインすることなく、自身のPCなどに成約データを保存しておくことが可能になります。

更には、データのステータスの項目からは、発生した報酬が確定したか、キャンセルされたかを調べることも可能になります。このデータも積み重ねていくことで、公表承認率ではない、自身の実績承認率を知ることができます。

紹介する広告によっては著しく承認率が悪いものがありますので、そういった商品は紹介しないなどの対策が重要になります。

※公表承認率に関しては基本的にASPにお問い合わせをすれば教えてくれます。もちろん、ただ「教えてください」とお願いするのではなくて、マナーを守り礼儀正しくメールを送らないといけないことは言うまでもありません。

※また、あなたに承認率を教えるASP側のメリットも提示できれば良くなります。「これから○○のジャンルに力を入れて獲得していきたいので、○○という案件の承認率などのデータを教えていただけますでしょうか?」といったように、頑張って成果を出しますということは最低限伝えたほうが良いでしょう。

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ