Macで画像編集するなら最初はプレビューの使い方を覚えよう

パソコン

これまでレッツノートを使っていたのですが、最近になってMacBook Proを使いはじめるようになりました。

参考:現在使っているパソコンについて

Windowsパソコンであれば、以下に示す3つのツールを使ってサクサクと画像編集できていたのですが、Macにしてからはなかなか同等の良いツールが見つからず画像編集に苦戦していました…。

Windowsパソコンで画像編集するために使っていた3つのツール

色々と調べたところ、画像編集として最も簡単なのはプレビュー機能であり、それを使えるようになったほうが良いなと思いました。

他にも様々なツールを活用して自分に合ったものを見つけようと思っていますが、まずはこのプレビューを利用した画像編集方法をお話します。

Macのプレビュー機能でできなくて残念なこと

まずは、これができればよかったなという機能をご紹介します。もしかしたら、まだ勉強不足でわからないだけかもしれませんが、以下の機能が見当たりませんでした

  • 画像へのモザイク加工
  • 画像の枠加工

これら2点ができれば、サクサクと起動できますし、申し分なかったのですが…。

Macのプレビューでできること

続いて、Macのプレビュー機能でできることをサクッとまとめていきます。

  • 画像に文字をいれること
  • 画像に吹き出しなどをつけること
  • 画像に→をつけること
  • 画像のサイズ変更
  • 画像の切り抜き

他にも色々と出来るのですが、デザイナーなどでなければこれくらいできれば良いでしょう。

プレビューで画像編集するために

プレビューで画像編集するには、まずは素材となる画像を用意します。素材を用意しましたら、その画像をダブルクリックします。

※ちなみに、スクリーンショットは「command+shift+4」を同時におすことでできます。

(Macはなれるまでに多少時間がかかりそうです。)

ダブルクリックをすると、画像が次のように表示されますので、赤丸で囲ったバッグのようなところをクリックしましょう。

プレビュー

そうすると、いろんなツールが出てきます。

プレビュー ツール

このツールを使って、様々な画像加工をしていきます。

画像に文字を入れる

画像に文字を入れるには、以下の「T」のマークをクリックします。

画像に文字を入れる

そうすると、このように「テキスト」などと出てきますので、そこをダブルクリックします。 テキスト

点滅が表示されたら文字を入力できますので、お好きな言葉を入れてください。 文字の大きさや色などを変更するにはこちらのAの部分です。 文字色変更

画像に吹き出しなどをつける

吹き出しや矢印などをつけるには、以下の部分からです。 吹き出し

画像のサイズ変更

画像のサイズ変更は「サイズ調整」からできます。 サイズ変更

画像の切り抜き

以下のように範囲を指定してから切り取りをしていきます。 プレビュー


以上のようにして、プレビューを使い画像加工ができます。 他にも良いツールを見つけましたら、当サイトでご紹介をしていきますので、今後共よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。