バナープラスがバージョンアップでバナープラスV2に!変更点を紹介!



どうもスイクンです。

サイトを作成する時や、セールスレターを作成する際にデザインをよりよくするため、バナープラスでバナーやヘッダー画像を作っているのですが、今回バナープラスがバージョンアップしました。

バージョンアップにより名称がバナープラスV2となっています。

今回のバージョンアップでの変更点がこちらです。

バナープラスの変更点

  • キャンバス色に透明度が追加
  • キャンバスの角を丸く出来る
  • 枠線の色も透明度を付けられる
  • 画像の影にも詳細設定が可能に
  • フォントの初期設定が可能に
  • 文字の透明度の変更が可能に
  • 文字の枠線の太さを調整できる機能
  • GIF形式での出力機能
  • JPEGコンバータの実装によるJPEG出力時の画質向上
  • ※注目 キャラクター作成ツール

今回の変更によって、コレまで以上にかなり使いやすくなりました。

これまでであれば、文字の装飾に関してもう少しバリエーションがほしいなとか、フォント初期設定を変更できずに手間がかかるななどという不満な点がありましたが、そういったところが改善されています。

より詳しく見ていきましょう。

変更点1 キャンバス色に透明度が追加

透明度

透明度

変更点2 キャンバスの角を丸く出来る

角を丸く

角を丸く

変更点3 枠線の色も透明度を付けられる

枠線の色 枠線の色

変更点4 画像の影の詳細設定が可能に

画像の影の位置を縦方向・横方向へどれくらいずらすかなどの詳細設定が可能になりました。

画像の影

変更点5 フォントの初期設定が可能に

以前であれば、普段良く使うフォントを毎回選択しないといけなかったのですが、今回からはよく使うフォントの初期設定が可能になりました。

フォントの初期設定

変更点6 文字の透明度の変更が可能に

2014y07m25d_1538011572014y07m25d_153807141

変更点7 文字の枠線の太さを調整できる機能

2014y07m25d_154059339 2014y07m25d_154105519

変更点8 GIF形式での出力機能

以前であれば、JPEG形式、PNG形式のみだったのですが、今回からはGIF形式でも出力可能になりました。

GIF

他にもJPEGコンバータの実装によるJPEG出力時の画質向上も施されたようで、より機能が強化されたバナープラスです。

まとめ

賢威もつい先日6.1から6.2へとバージョンアップが行われました。賢威6.2となって非常に使いやすくなっているので、賢威販売者の松尾さんはしっかりとユーザーの事を考えられているなと感じます。

知らない方もいるかもしれないですが、このバナープラスは賢威販売者の松尾さんが責任者として制作を行っているツールです。ですから、ツールの機能に関してはしっかりとしています。

サイトの制作において、より魅力的なヘッダーなどを作っていきたいと考えている場合には、作業の効率化のためにもバナープラスの導入を検討してみてください。

→ より詳しいバナープラスのレビューはこちらです。

※購入における注意点なども記載されているので、そちらもあわせてご覧ください。

変更点 追記

一番重要なところをすっかりと忘れてしまっていました。それは、キャラクター作成ツールが付いているということです。

これがめちゃくちゃ便利で、かなり使えるなと感じています。

ただ、沢山の人が使い始めたら、アメブロのアバターみたいに、ユーザーから見て「どこかで見たことがあるような…」となってしまいかねません。

ですから、あまりたくさんバナープラスを購入してもらいたくはないのですが、特におすすめのこのキャラクター作成ツールも紹介しておきます。

バナープラスV2

こういったサイトにぴったりなキャラクターを作ることで、より人間味のあるサイトを作ることができます。

一番良いのは人物画像だったりするのですが、そういったものにお金や手間をかけたくないのであれば、キャラクター作成ツールは利用する価値はあります。

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ