バナープラスを利用してボタン画像を作る方法

バナープラス どうもスイクンです。 今回はバナープラスを利用してボタン画像を作る方法をご紹介します。
※2017年5月追記 ボタンを作る方法ですが、こちらのサイトを利用するのも良いです。無料で利用可能です。⇒http://box.aflat.com/buttonmaker/
ボタン画像は無料で配布されているものもあるのですが、そうすると他と同じボタン画像になってしまいます。 よりオリジナルなボタン画像を利用したいのであれば、以下の方法でボタン画像を作ってみることをおすすめします。
今回紹介しているバナープラスについて ⇒ バナープラスの詳細はこちら ⇒ バナープラスでのヘッダー画像作成方法

バナープラスでボタン画像を作る手順

  • ボタンのサイズを決める
  • ボタンの角の丸みを決める
  • ボタンの背景色を決める
  • ボタンに枠線を付けるか決める
  • 矢印などの画像を入れる
  • 文字を入れる

ボタンのサイズを決める

まずはボタンのサイズを決めます。 幅・高さを設定しましょう。 バナープラス

ボタンの角の丸みを決める

続いて、ボタンの角の丸みを決めます。 角丸サイズを選択することで丸みを決めることができます。 バナープラス

背景色を決める

ボタンの背景色やグラデーションの有無を決めましょう。 ボタン画像

枠線の有無を決める

ボタンに以下のようにして枠線を付けることもできます。 ボタン画像

矢印などの画像を入れる

バナープラスに標準で備え付けられている画像を利用していきましょう。 バナープラス

ボタンに文字を入れる

最後に文字を入れていきましょう。 文字の装飾もたくさんありますので、その中から適切なものを選択して作っていきましょう。 バナープラス
以上のようにして、ボタン画像を作成することが可能になります。 他にも背景色を単一色にしたくない場合には、画像選択でバナープラスに付属している背景画像などを利用していけば、より変化のあるボタン画像を作成できるようになります。 オリジナルなボタン画像を作成してみたい方は、この記事を参考にして作ってみて下さい。 ⇒ バナープラスの詳細はこちらから

作成参考例

2014年12月25日

クリスマスを意識して、以下の様なボタンを作ってみました。 dec そして、このようにサイトにて使ってみました。 使用例 デザインに関して詳しくなくても、この程度のボタンであれば作成することが簡単にできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。