魅力的なサイトにするためのヘッダー画像作成方法(バナープラスの利用)



サイトのヘッダー画像は、ユーザーが最初に目にする部分なので、サイトの印象を左右する大切なところです。

ユーザーが訪問した際に、検索エンジンに打ち込んだキーワードやきっかけを把握して、それに適したヘッダー画像を用意することが、直帰率を減らしたり、コンテンツを見てもらうために大切な要素です。

この記事では、魅力的なサイトにするためのヘッダー画像の作り方を紹介します。


どうもスイクンです。

僕がサイトのヘッダー画像を作る際に

どのようにして作成しているのかを説明していきます。

ヘッダー画像のサイズを調べる

まずはじめにやるべきことは、あなたが使用しているテンプレートに適した

ヘッダー画像のサイズを調べることです。

例えば、当サイトで使用しているテンプレート「賢威6.1」でしたら

ヘッダー画像の大きさは賢威テンプレートを生成する際に設定した

サイトの幅で決めていきます。

賢威

また、SIRIUSで作っていくサイトでしたら

基本的には900px×200pxです。

これらはあなたが利用するテンプレートなどによって異なってくるので

しっかりと事前に調べてください。

続いて、実際にヘッダー画像を作っていきますが

その際にバナープラスを利用した作り方を解説します。

バナープラスを利用する場合

バナープラスは有料の画像作成ツールですが

こちらを利用すれば容易に魅力的なバナーを作ることができます。

サイズ設定

先ほど調べたヘッダー画像のサイズをキャンバスサイズで設定します。

キャンパスサイズ

カラー設定

また、キャンバスの色も変更できます。

キャンバス

色を水色に設定すると、次のように変更されます。

ヘッダー画像

これだけですと味気ないので、グラデーションをかけることも可能です。

グラデーション

グラデーションをかけると、ちょっと良い感じの下地ができます。

ヘッダー画像

画像の挿入

バナープラスでは購入者限定で4400種類もの画像を利用することができます。

バナープラス

クレジットカード比較サイトなどを作りたい場合でも、クレジットカードの画像がありますので、そちらを利用していきます。

クレジットカード比較

文字の挿入

文字を入れることで、どういったサイトなのかがはっきりとしてきます。

ヘッダー画像

※とりあえず作ったヘッダー画像なので、コピーにはこだわってありません。これを真似しても良い反応は取れないので、自身でしっかりと考えていきましょう。

画像の出力

こうして作った画像は、PNG形式もしくはJPEG形式で取り出すことができます。

ヘッダー画像

編集中の画像の保存をして、後程編集していくことも可能です。

ヘッダー画像

バナープラス簡易レビュー

僕は画像加工ソフトやツールはさまざま利用したことはないので他のツールとの比較はまだできないですが、非常に使いやすいなと思っています。ヘッダー画像やバナーをしっかりと作ろうと思った場合には利用しています。

より詳しいバナープラスの説明はこちらを参考にしてください。

⇒ バナープラスレビュー

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ