スマートフォン解析

gooブログでのSEO実験:拙い日本語をGoogleはどう判断するか



どうもスイクンです。

今回はgooブログが他の無料ブログと比較して、どれだけ上位表示に強いかを検索順位の推移から判断していく実験ではありません。Googleは拙い日本語をどう判断するかの実験です。

何故この実験をしようと思ったのかといえば、先日購入したサテライトサイト文章作成ツールで出来上がる日本語が思っていたよりも拙いものだったからです。せっかく購入したツールなのに、何にも使わないのでは意味が無いので、実験に利用しようと思いました。

日本語が拙いの基準

では、どういった基準で、日本語が拙いか否かを判断しているのかですが、今回は僕自身が下手な文章だと思ったかどうかです。日本語が拙いかどうかをはっきりと言葉で表すことが難しいので。

一応、 サテライトサイト文章作成ツールで作った文章は次のようなイメージです。

拙い日本語の例(自作)

なんとなく最近は日本語ドメインがどうとかこうとかというよりも、中古ドメインの効力が薄まってきているように思えてしまうことはどうしようもないかなと思っていますが、これに関して私が何かを述べる権利があるのではなくて、やはりGoogleが判断基準をどうしたかというのが問題だったりします。ですから、このようなGoogleの上位表示対策を問題視するかどうかというよりも、やはり大切なのは個々人がGoogleをどうやって捉えて、そして検索エンジンをうまく活用していくべきなのか考えていくべきなのではないかなと思ってしまうのが今日このごろの私です。

なんとなくイメージとして、どこらへんが日本語として拙いかが伝わったかなと思います。意味が捉えにくい文章が出来上がるということです。

さて、このような日本語として拙い文章をどのように使ったのかを解説していきます。

実験条件

  • 10記事を一気に(正確には15分くらいかけて)無料ブログで公開する
  • 1記事1500文字以上2500文字以下
  • 記事個別でSEOをかけるというよりも、サイト全体で狙ったキーワードで上位表示させていく

サテライトサイト文章作成ツールで作り上げた記事は、1記事1500文字以上となかなかのボリュームです。そのレベルの記事200個を約1分で作ってくれます。

出来上がった記事を無料ブログで公開していきました。

結果

記事を入れて3時間後に様子を見てみたら、既にインデックスされており(無料ブログなので早い)、狙ったキーワードで49位にいました。

goo

キーワードのSEO難易度

一応、キーワードの基準を示すために、SEO難易度チェックツールを利用して、そのキーワードを調べました。SEO難易度は以下のように45です。確かにこれは数値と僕の感覚は一致しているので、相応の難易度だと思います。

SEO難易度

現状の結果を見て

今回のSEO実験の結果は、まだ記事公開3時間しか経っておらず、はっきりと、「Googleはこうだ!」とは述べにくいです。

今後の動きがどうなっていくかでGoogleに対する評価が変わってきます。

とりあえず、短期間でうまく評価するというのは非常に難しいので、しばらく結果待ちとなります。今後どうなっていくかもこの記事内で公開していくと思いますので、気になる方はたまに見に来てください。

SEO実験 その他

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ