スマートフォン解析

Googleウェブマスターツール コンテンツキーワードによるサイト最適化



Googleウェブマスターツールは、

サイト運営者にとっては必須ツールでありますので、

当サイトをいつも読んでくれているのであれば

既に導入済みであると思います。

もし、Googleウェブマスターツールを導入していないのであれば、

早急にウェブマスターツール導入方法の記事を見て取り入れてください。

このツールの利用方法について、

サイトアフィリエイトをしている方の中にもわからないとの声が多かったので、

今回はウェブマスターツールの中でも、

コンテンツキーワードから得られる情報を利用してサイトを改善して、

検索エンジン最適化する方法を解説していきます。

コンテンツキーワードの意味とその確認方法

コンテンツキーワードというのは、

Googleがそのサイトの中で重要であると認識しているキーワードの事で、

Googleウェブマスターツールでは、

それを上位200個まで表示してくれているのです。

コンテンツキーワードとして認識されていればいるほど、

ユーザーがそのキーワードで検索してきた際に、

適切なサイトであると判断して上位に表示される可能性が高くなります。

この事から、コンテンツキーワードを見ることによって、

自分自身では、「SEO」というキーワードで

検索エンジン上位表示をさせたいと思い

サイトを作っていたにもかかわらず、

Googleからは「WordPress」に関しての情報を提供しているサイトだ

と思われていた・・・なんてことがなくなります。

上位表示させたいキーワードを、

Googleからそのサイトの重要語句であると

適切に認識してもらうためにも確認は必須です。

では、そのコンテンツキーワードの確認方法を解説します。

ウェブマスターツール⇒調査したいサイト⇒最適化⇒コンテンツキーワード

この流れで確認をしてください。

コンテンツキーワード

コンテンツキーワードをクリック

コンテンツキーワードをクリックするとこのように表示されるようになります。

コンテンツキーワード

この中でも、『「さん」は僕のサイトで○○さんが月収100万達成しました!』などと

書いていて出現頻度が多いからこそ、上位に付いていることが予想できます。

また、「まし」というのも、それ自身特に意味は無いのですが、

「~しました。」のような部分で使われているので

ランクインされているのでしょう。

では、もしあなたの運営しているサイトにおいて、

コンテンツキーワードとして認識して貰いたいと思っているキーワードが、

確認した結果、異なっている場合は、

どのようにして改善&最適化をしていけばよいでしょうか?

改善・最適化方法

コンテンツキーワードを最適化するには、

そのキーワードのサイト内出現頻度を上げていくことが重要になります。

しかし、注意して貰いたいのが、

いくらサイト内出現頻度を高めようといったからといって、

そのキーワードを詰め込みすぎると

ペナルティを受けてしまい、逆効果となります。

ですから、そのキーワードをタイトルに利用、

更に本文中にも自然に且つ複数回出していくことで、

そのキーワードを使った記事を量産していき、

出現頻度を高める事をお勧めします。

このコンテンツキーワードの改善は、

特にたくさんの量の記事を既に投稿しているサイトの場合は、

改善することが非常に難しいです。

ですから、その場合は長期的な目線でサイトを改善していく必要があります。

逆に、作りたてのサイトの場合は、

予めどのような記事を書こうとしているのか、

どのようなサイトに仕上げようとしているのかの構想をねってから、

その作業に入っていく事をお勧めします。

サイトアフィリエイトはただ単に無闇に作業をしても、

おおきく稼ぐのは不可能なので、

着実に1つ1つ構想をねって作業を進めていってください。

量で稼ぐサイトアフィリエイトではなくて、

質で稼ぐサイトアフィリエイトをやっていきましょう。

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ