SIRIUS アップロード エックスサーバー

レンタルサーバーの使い方【Xサーバー・ヘテムル・ファイアバード他】

エックスサーバーにSIRIUS作成サイトをアップロードする方法

読了までの目安時間:約 5分

 

エックスサーバー

サイト量産ツールSIRIUSで作成したサイトをエックスサーバーで管理しているドメインにアップロードして、Web上にサイトを表示させる方法を紹介していきます。

 

 

作業手順は3つだけです。

 

 

  1. SIRIUSでエックスサーバーに接続する
  2. アップロード先の指定
  3. アップロードの実行

 

 

それぞれ解説をしていきます。

 

 

SIRIUSでエックスサーバーに接続する

まずはSIRIUSのホーム→サイト生成ボタンをクリックしましょう。

 

SIRIUS

 

 

 

 

サイト生成

 

サイトをパソコン上に保存するため、サイト生成するフォルダを指定してOKをクリックします。

 

SIRIUS

 

 

 

 

サイトの生成が完了すると、次のようなメッセージが表示されますので、はいをクリックしていきます。

 

 

SIRIUS

 

 

 

 

新規設定

 

FTP接続先を指定する(エックスサーバー)ために新規作成をクリックします。

 

SIRIUS

 

 

 

FTP接続

 

FTP接続先の設定にて、それぞれ以下の画像のように入力してOKをクリックします。

 

 

SIRIUS

 

 

 

  • 接続先の名前 わかりやすいようにエックスサーバーとしましょう。
  • ホスト名 FTPホスト
  • ユーザー名 サーバーID
  • パスワード FTPパスワード

 

 

これらの情報はどこに記載されているのかというと、エックスサーバーお申込時に送られてきたメールです。件名がXserver サーバアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)」となっているものです。

 

 

その中に次の記述がある部分を見つけていきましょう。

 

 

FTP設定

 

 

 

接続

以上によりFTP接続先一覧に接続先の名前に指定した「エックスサーバー」が表示されておりますので、そちらを選択してから接続をクリックします。

 

SIRIUS

 

 

 

 

アップロード先の指定

続いてアップロード先を指定していきましょう。

 

 

例えば、http://yakugakusuikun.com/にサイトをアップロードしたい場合は、次のようにしていきます。

 

 

http://yakugakusuikun.com/を選択

 

エックスサーバー

 

 

 

public_htmlをクリック

 

エックスサーバー

 

 

 

 

アップロードの実行

そして、アップロードをしていきます。最初は全てのファイルをアップロードでOKです。(2度目以降のアップロードでは、更新されたファイルなどを利用していきます。)

 

 

SIRIUS

 

 

 

アップロードを完了した後は、実際にサイトに接続をして正しくアップロードされたかを確認していきましょう。

 

 


 

 

 

以上でエックスサーバーで管理しているドメインにSIRIUS作成サイトをアップロードする方法解説は終わりになります。

 

 

SIRIUS エックスサーバー   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

どのレンタルサーバーにするか迷ったらエックスサーバー!

初心者から上級者まですべての方におすすめできるエックスサーバー。エックスサーバー株式会社が運営する安心のレンタルサーバーで、機能性も高く、初心者にも使いやすいです。月額1000円のX10プランであれば、当サイトくらいの画像数であれば、1日約5万PVくらいまでなら耐えてくれます。(転送量50GB/日)







⇒ エックスサーバーの特徴・評判・使い方まとめはこちらを参考にしてみてください。
TOPへ戻る