さくらのレンタルサーバー 注意点

レンタルサーバーの使い方【Xサーバー・ヘテムル・ファイアバード他】

さくらのレンタルサーバーで注意すべき初期ドメインからの情報漏洩対策

読了までの目安時間:約 4分

 

さくらのレンタルサーバーを利用するにあたって注意しておかないといけないことがあります。

 

 

この注意点を守らないと、あなたが運営していくすべてのドメイン情報が漏洩してしまうことになりますので、しっかりと以下の対策を施してください。

 

 

 

さくらのレンタルサーバー注意点

さくらのレンタルサーバーで契約する際にアカウント名を決めたかと思います。

 

 

実は、「アカウント名.sakura.ne.jp」にアクセスをすると、次の画像のように、そのアカウントに登録している独自ドメイン情報すべてが見えてしまいます。

 

 

さくらのレンタルサーバー

 

 

こうなってしまったら、あなたが運営しているサイトが芋づる式に見つかってしまい、中には人に見られたくないサイトを運営していたら、人に知られてしまうことになります。

 

 

これを避けるためには、このドメインにindex.htmlファイルを適当でも良いので入れておくことをおすすめします。

 

 

 

対策

FFFTPなどでさくらのレンタルサーバーにアクセスをします。

 

 

そして、home/アカウント名/wwwの階層に、index.htmlを入れてください。SIRIUSなどで適当にペラページを作成して、入れておくことをおすすめします。

 

 

さくらのレンタルサーバー

 

 

 

こうすることで、次のように適当なページが表示されて、そのアカウントで運営されているドメインがばれずにすみます。

 

 

さくらのレンタルサーバー

 

 

 

まとめ

さくらのレンタルサーバーを利用する際には手間にはなりますが、以上のような方法で初期ドメインに何かコンテンツを入れておかないと、他のドメインもすべてバレてしまいます。

 

 

最初からこうなることが知っていてバレるのならまだしも、知らずに気付いたら情報が漏洩していたなんていうことにならないように、気を付けて運営していきましょう。

 

 

さくらのレンタルサーバーは初心者向きとは言えず、他のレンタルサーバーに比較すると慣れるまでに多少の時間がかかるかと思います。

 

 

当サイトでの一番のおすすめレンタルサーバーはエックスサーバーですので、もしまだレンタルサーバーを検討中の場合は、そちらを利用していくことを推奨します。

 

 

⇒ エックスサーバーの使い方完全版

 

さくらのレンタルサーバー   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 

どのレンタルサーバーにするか迷ったらエックスサーバー!

初心者から上級者まですべての方におすすめできるエックスサーバー。エックスサーバー株式会社が運営する安心のレンタルサーバーで、機能性も高く、初心者にも使いやすいです。月額1000円のX10プランであれば、当サイトくらいの画像数であれば、1日約5万PVくらいまでなら耐えてくれます。(転送量50GB/日)







⇒ エックスサーバーの特徴・評判・使い方まとめはこちらを参考にしてみてください。
TOPへ戻る