ロリポップ! WordPressログイン画面へのアクセス制限が実施されています

レンタルサーバーの使い方【Xサーバー・ヘテムル・ファイアバード他】

ロリポップ!でWordPressログイン画面へのアクセス制限が実施されていますと出た際の対処法

読了までの目安時間:約 6分

 

ロリポップ!

どうもスイクンです。

 

 

久しぶりにロリポップ!で運営しているWordPressブログ記事を更新しようとしたら、次のようにWordPressログイン画面へのアクセス制限が実施されていますと出てきました。

 

ロリポップ! アクセス制限

 

 

 

WordPressに対して不正なログインをしようとする人がいたみたいで、その際に不正なログインを防ぐためにアクセス制限を行ったとのことです。

 

 

これはWordPress運営者側としては嬉しい事です。確かに面倒な作業となるのですが、このような対処をしてくれないとWordPressに不正ログインされてもっとやばいことになります。ですから、このような対処をしてくれたことには感謝をするべきですね。

 

 

さて、アクセス制限をかけられたらどのようにして、再びWordPress管理画面にログインすれば良いのでしょうか?以下に僕が実際にやったことを書いていきます。

 

 

アクセス制限を解除するために

アクセス制限を解除するためにやっていくことは、自分の利用しているIPアドレスでWordPress管理画面にログインすることを許可することです。

 

 

そのために、編集するべきなのが.htaccessです。

 

 

順番に手順を解説していきます。

 

 

アクセス制限解除手順

まずは、WordPress管理画面にアクセウ制限がかけられています、の画面から、WordPressの.htaccess編集マニュアルをクリックしてください。

 

 

アクセス制限

 

 

 

 

そして、ログインをしていきましょう。

 

 

ロリポップ!ログイン

 

 

 

 

下のちょっとだけスクロールして、ロリポップ!FTPへログインしていきます。

 

ロリポップ!FTP

 

 

 

 

そして、アクセス制限がかけられているドメイン名をクリックしていきましょう。例えば、http://yakugakusuikun.com/がログイン制限をかけられている場合は、その部分をクリックしていきます。

 

 

ロリポップ!

 

 

 

そして、.htaccessをクリックします。

 

ロリポップ!FTP

 

 

 

続いて出てくる画面で編集をしていきます。

 

ロリポップ!FTP

 

 

 

編集方法

編集方法は次のようにしていきます。

 

 

この画面の中に次のコードを書いてください。

 

 

# BEGIN Lolipop [ http://lolipop.jp/manual/blog/wp-htaccess/ ]
<Files wp-login.php>
ErrorDocument 403 /lolipop_service_documents/wp-login-deny.html
Order deny,allow
Deny from all
Allow from IPアドレス
</Files>

# END Lolipop

 

 

赤文字でIPアドレスと書いている所のみあなたのIPアドレスを利用してください。

 

 

IPアドレスに関しては、こちらのページから確認できます。

 

IPアドレス

 

 

以上の記入が終わったら、先ほどの画面にコピペして、保存をしてください。

 

 

注意点

既に.htaccessに以下のようなコードが書かれている場合、その下の方に今回のアクセス制限解除コードを書いて保存すれば大丈夫です。

 

# BEGIN WordPress
~~中略~~

# END WordPress

 

 

 


 

 

 

以上でロリポップ!でのアクセス制限解除方法の解説は終わりになります。

 

 

 

ロリポップ!   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

どのレンタルサーバーにするか迷ったらエックスサーバー!

初心者から上級者まですべての方におすすめできるエックスサーバー。エックスサーバー株式会社が運営する安心のレンタルサーバーで、機能性も高く、初心者にも使いやすいです。月額1000円のX10プランであれば、当サイトくらいの画像数であれば、1日約5万PVくらいまでなら耐えてくれます。(転送量50GB/日)







⇒ エックスサーバーの特徴・評判・使い方まとめはこちらを参考にしてみてください。
TOPへ戻る