ファイアバード WordPress自動インストール

レンタルサーバーの使い方【Xサーバー・ヘテムル・ファイアバード他】

ファイアバード運営ドメインにWordPressを自動インストールする方法

読了までの目安時間:約 6分

 

ネットオウル社が運営しているレンタルサーバー「ファイアバード」で管理しているドメインにWordPressを自動インストールする方法を解説していきます。

 

 

WordPressをインストールする上で自動インストール機能は非常に便利ですので、是非習得しておいてください。

 

 

ファイアバードにログイン

ファイアバードにログインをするには、ファイアバードの公式サイトからログインをしてください。(ファイアバード公式サイトへは、こちらのファイアバード契約方法の【ファイアバード公式サイトはこちらから】よりアクセス可能です。)

 

ファイアバード

 

 

 

 

管理ツール

サーバー管理ツールにログインしましたら、左サイドバーにある簡単インストールをクリックしてください。

 

ファイアバード

 

 

 

そして、WordPressを自動インストールしたいドメイン横にある選択をクリックします。

 

ファイアバード

 

 

 

簡単インストール画面にて、追加インストールをクリックしていきましょう。

 

ファイアバード

 

 

 

 

 

サイト情報の入力

続いてサイト情報を入力していきます。

 

 

ファイアバード

 

 

 

 

自動でデータベースを生成するにチェックマークで大丈夫ですが、既にデータベースを作成している場合は、作成済みのデータベースを利用するにチェックを入れます。

 

 

基本的には「自動でデータベースを生成する」にチェックを入れておけば大丈夫です。

 

 

インストール先

インストール先は、どこのディレクトリにWordPressをインストールするかを決めていきます。

 

例えば、http://yakugakusuikun.com/にアクセスした際に、WordPressで作成したサイトが表示されてもらいたい場合は、空白のまま進めていきます。

 

また、サブディレクトリにWordPressをインストールしたい場合、すなわち、当サイトのようにhttp://yakugakusuikun.com/server/にWordPressをインストールしたい場合には、空白にserverと入れることで可能となります。

 

基本的には空白にしておいて、ルートディレクトリにWordPressをアップロードしたほうがよいです。なぜなら、下層になればなるほど、SEO効果は弱くなり上位表示しにくくなるからです。

 

 

ブログ名

ブログ名に関しては後程変更可能ですが、SEOを意識したタイトルを付けていきましょう。

 

 

ユーサー名・パスワード・メールアドレス

ユーザー名とパスワードはWordPress管理画面にログインをする際に必要となるので、必ずメモをしておいてください。そして、メールアドレスは頻繁に目を通せるメールアドレスを設定しましょう。

 

 

以上の入力をした後に、確認画面をクリックしてください。

 

 

 

確認画面を開くと、index.htmlが削除されますと赤い文字で出てくるのでびっくりするかと思いますが、そちらに関しては削除されても構いません。ですから、確定するをクリックしていきましょう。

 

 

ファイアバード

 

 

 

 

自動インストール後、しばらくは管理画面にログインをしようとしても、404エラーが返されます。しかし、時間が経つとログイン出来るようになっていますので、先ほどメモをしたユーザー名とパスワードを記入して、WordPress管理画面にログインしてください。

 

 

ファイアバード

 


 

 

 

以上でファイアバードでのWordPress自動インストール方法の解説は終わりになります。

 

 

自動インストールが終わりましたら、WordPressを運営していくことになりますので、WordPressの運営方法を参考にしながら進めていきましょう。

 

 

 

WordPress ファイアバード   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 

どのレンタルサーバーにするか迷ったらエックスサーバー!

初心者から上級者まですべての方におすすめできるエックスサーバー。エックスサーバー株式会社が運営する安心のレンタルサーバーで、機能性も高く、初心者にも使いやすいです。月額1000円のX10プランであれば、当サイトくらいの画像数であれば、1日約5万PVくらいまでなら耐えてくれます。(転送量50GB/日)







⇒ エックスサーバーの特徴・評判・使い方まとめはこちらを参考にしてみてください。
TOPへ戻る