ファイアバード

レンタルサーバーの使い方【Xサーバー・ヘテムル・ファイアバード他】

ファイアバードの契約お申込み方法

読了までの目安時間:約 6分

 

ファイアバードはマルチドメイン数が無制限とスペックが高いため、Siriusなどでサイト量産していこうと考えている場合におすすめのレンタルサーバーです。

 

 

月額料金が500円(税抜き)で申し込めるレンタルサーバーの中ではトップクラスの機能性を持っています。

 

 

ただし、エックスサーバーやロリポップなどに比較したら、ユーザー専用の管理画面が慣れていないせいもあるかと思いますが、ちょっと使いにくい印象がありました。

 

 

ですから、ある程度レンタルサーバーに慣れてから導入してみることをおすすめします。

 

 

それでは、以下にファイアバードの契約お申し込み方法を画像付きで解説していきます。

 

 

ファイアバード公式サイトへ

まず、最初に以下のURLからファイアバードの公式サイトへアクセスしてください。

 

→ ファイアバード公式サイトはこちらから

 

 

 

1 お申込み

ファイアバード公式サイトへアクセスして、グローバルナビにあるお申し込みをクリックします。

 

 

ファイアバード

 

 

 

 

当サイトの記事をご覧になっているのであれば、ファイアバードは初申し込みだと思いますので、新規会員登録はこちらをクリックしてください。

 

ファイアバード

 

 

 

2 ネットオウル会員登録

続いて、ネットオウル会員に登録をしていきます。

 

 

既にネットオウル会員の場合は、当記事を下にスクロールして「3 サーバー契約」のところから進めていってください。まだ、ネットオウル会員登録をしてない場合は、こちらを参考にネットオウル会員登録も進めていきましょう。

 

 

それでは、ネットオウル会員登録方法を解説していきます。

 

 

新規会員登録をするために、まずは確認メールを送信していきます。送信をクリックしても、まだこの画面は閉じないで開いたままにしておいてください。

 

ファイアバード

 

 

 

確認メールを送信すると、次のようなメールが登録メールアドレス宛てに届きます。その中にある確認IDをコピーしていきましょう。

 

ファイアバード

 

 

 

そして、コピーした確認IDをペーストして、登録フォームへ移動します。

 

ファイアバード

 

 

 

登録フォームにて必要事項を記入して、登録を完了させてください。

 

ファイアバード

 

 

 

 

ネットオウルに登録がすみましたら、次のようなメールが届きますので確認をしておいてください。

 

ネットオウル

 

 

 

3 サーバーの契約

続いて、ネットオウル会員に登録を済ませましたら、サーバーの契約に移っていきます。

 

 

まずはファイアバード公式ページよりログインをしていきます。

 

 

ファイアバード

 

 

 

ログインしてネットオウルメンバー管理ツールのサイドバーからファイアバード管理→サーバー新規申し込みをクリックします。

 

 

ファイアバード

 

 

 

そして、サーバーID/ドメインをお好きな英数字で選択をして、契約期間を決めます。更に、利用規約をお読みいただき、チェックボックスにチェックを入れて確認画面をクリックしましょう。

 

ファイアバード

 

 

 

そして、確定するをクリックしていきます。

 

ファイアバード

 

 

 

ここまで終えると、「ファイアバード】サーバー設定完了及び設定情報に関するご案内(試用期間)」という件名のメールが登録メールアドレス宛に届きますので、そちらをご確認の上、FTPソフトにファイアバードを登録していきましょう。

 

 

料金のお支払

こうして実際に使い心地を試してみて、良かったなと思いましたら、料金のお支払を済ませていきましょう。ファイアバードは無料お試し期間が2週間となっておりますので、その間に決済は完了させてください。

 

 


 

 

 

以上でファイアバードの契約お申込み方法n解説は終わりになります。

 

 

ファイアバード   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 

どのレンタルサーバーにするか迷ったらエックスサーバー!

初心者から上級者まですべての方におすすめできるエックスサーバー。エックスサーバー株式会社が運営する安心のレンタルサーバーで、機能性も高く、初心者にも使いやすいです。月額1000円のX10プランであれば、当サイトくらいの画像数であれば、1日約5万PVくらいまでなら耐えてくれます。(転送量50GB/日)







⇒ エックスサーバーの特徴・評判・使い方まとめはこちらを参考にしてみてください。
TOPへ戻る