スマートフォン解析

2年間まともに寝た記憶がない?睡眠の質を改善するためにやったこととは?



どうもスイクンです。

今回は、僕が健康を取り戻すために、毎日散歩をするようになってから、身体にどのような変化があったのかなどをお話していきます。

散歩を始めてから2年間悩まされていた睡眠の質が改善されました

前回のメールでは、僕が毎日散歩を始めたとお話しました。

前回のメール:

http://yakugakusuikun.com/11501.html

それからというもの・・・

僕の体調にもかなり良い方向への変化が見られました。

どういった変化かというと、【夜ぐっすりと寝ることができるようになった】というものです。

実は僕は、2012年に法人設立後、毎日12時間くらい仕事をしていたためにかなりの運動不足でした。

そのためか、2013年の後半くらいから2014年いっぱいは睡眠の質が良くなくて、まともに寝たような覚えがなかったのです。

さすがにこれはやばいなと思い、何度も規則正しい生活に戻そうとしたんです。

夜12時に寝て、朝7時くらいに起きて仕事をしようと。

規則正しい生活を取り戻そうとしても・・・

しかし、何度挑戦しても規則正しい生活には戻りませんでした。

頑張って夜12時に寝ると、必ず午前2時には目覚めて覚醒状態になり、全く眠気がなくなってしまうのです。

それからは、どんなに頑張っても眠れないために、その寝るための格闘時間が無駄だなと思ってパソコンを開き仕事をするんです。朝の8時くらいまで。

そうすると、ようやく眠気がやってきて寝るんですが、その後2時間おきくらいに起きてつつ眠り、大体午後2時くらいに起きて活動をし始めます。

どんなに頑張って夜12時に寝ようと思っても、このようになるだけで絶対に良い睡眠が取れませんでした。

このように夜12時に寝ると、どうしてもダメなので、今度は「眠くなるまで眠らない!」と決めても・・・眠くなるのは朝の5時くらいになります。

そこから寝て、何度か目覚めつつなんとか寝た後、起きるのは大体昼の12時くらい。

なんとなく頭がぼんやりしている状態で起きていて仕事をし、眠っても眠っても疲れが取れない・・・という毎日。

【正直、これはやばい・・・】

と約2年くらい思っていましたが、本気で改善しようととしなかったためなかなか改善に至らなかったのです。

それで、決めました。

2015年は仕事量を減らし、健康を取り戻すことを決意

2015年は仕事量をがくっと減らしてでもいいから、もう仕事は頑張らないと。

正直、これ以上頑張ってまで収入はほしいとは思いませんし、頑張っても半分は税金で取られますし・・・。

半分税金でとられるっていうことは、一年間のうち半年は国に自分の命を捧げているっていうこと。

自分の健康を害して、ヤバい状態になってまで働く必要性ってそもそもないし、収入も現状で満足だし・・・ということで仕事を頑張らないことにしました。

僕はこのネットビジネスが好きなので、健康的に相当ヤバイ状態にならないとこういった決断には至らなかったかと思います。

過去もそうだったのですが、本当にやばい状態になるまで、どうしても努力してしまう性格なのです。

  • 宅浪していた時も死ぬ寸前まで頑張りました。
  • 大学の研究室でも死ぬ1ミリ手前まで頑張ってしまいました。

もう、あの馬鹿なことはしないようにと決めたので、今年からは仕事は頑張らないという方向性でやっていきます。

男の人にとって、仕事ってまさに人生のようなものです。

自分の好きな仕事に巡り会えたら、人生がたのしいです。

でも、だからといって、人生の95%を仕事でうめつくすのは良くないです。

僕の人生、まだあと60年以上あると思っています笑(平均寿命などから考えれば。)

だから、仕事以外の打ち込める趣味でも、探そうかなって思っています。

その空いた時間で仕事をするっていうのがベストですね。

365日、1日中24時間仕事について考えているので、仕事を忘れるほど打ち込める趣味が欲しいですね。

ちなみにですが、何度頑張っても改善されなかった睡眠の質は、ここ最近の太陽光を浴びながらの1時間の散歩で改善されました。

【たったこれだけのこと。】

と思うかもしれないですが、こんな単純なことで改善されちゃうんですね。

薬で症状を改善しても根本的な解決にはなっていない

僕は基本的に健康というのは、薬とかそういったものに頼らないで治すことを推奨する人です。

健康を取り戻すには、薬で表面上の症状を改善しているだけでは絶対ダメなんです。

そんなことをして、一時的に痛みや辛さを騙していると、いつかはヤバイことになって取り返しの付かないことになりますよ。

薬を使っての表面的な改善よりも、根本的なところから改善しないといけないっていうことです。

あ・・・、ちょっといい忘れていましたが、寝るための敷布団と掛け布団も一新したのも改善した理由の1つかもしれません。

これまでの敷布団や掛け布団は、大学生の頃から使っていたものでしたから。

というわけで、今回のメールは

  • 睡眠の質を改善するには太陽光を浴びながら散歩をすること
  • 健康を手に入れるためには根本的なところからの改善が必要

というお話でした。

それでは、今回はこの辺で失礼します。

 

特化型トレンドアフィリエイト レンタルサーバーの使い方
賢威6.2カスタマイズ WPの使い方
Twitter凍結基準まとめ 外注サービス比較


お名前
メール

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ